新中1数学 正負、図形の基礎を固める! 

画像
<春期までの目標:標準クラス:中1方程式まで入る事
        選抜クラス:中1終了

 授業の様子です。新学年に向かって小6のクラスは着実に準備が進んでいます。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの飯倉です

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。


正負の四則演算は中学の基礎を支える大事な大事な土台です。

ここが弱いとこの先で何を積んでも、崩れてしまい効果が出ません。

2月はひたすらこの基礎計算をやらせ続けました。多い日は一日40問ほど宿題で計算をさせています。「継続は力なり」とはよく言ったもので、やらせ続けていると嫌でも分かってくるものです。

2週間前には30問中3問しか合わなかった生徒が、今では40問中間違えが2個あるかどうかまで誤答が減っています。

正しいやり方で計算すれば、正しい答えにたどり着けることを生徒には体感してもらいました。

授業の内容です。

両クラス共通の内容として、正負の計算の基礎の徹底的な反復練習を行いました。

例年必ず、自分が理解していない事を隠している、または理解していない事を理解できていない生徒が居るからです。

この正負の計算が崩れると、中1だけで10章あるうちの7章分がだめになり、中2では9章あるうちの、6章がだめになってしまいます。

鍛えて、中学校に備えるなら今、この時期でどこまで基礎の土台を大きくできるかが今後の指針となっていきます。

小学校の四則演算と分数・小数の計算、正負の混じった四則演算がしっかりと出来て、初めて中学校の内容が理解できるのです。

毎回のようにそのことを話、今やっていることがいかに大事で大切かを伝えながら授業をして行きました。

また、図形の作図も早い段階から始めています。これは、中学に入って出てくる新しい分野も一緒に見せていくと言う目的で入れています。

早いうちから図形に触れておき、中3になった時に図形アレルギーが出ないための予防策の一環でもあります。

選抜クラスは文字式の徹底演習と方程式の文章題の練習も始めています。

方程式はすでに一通りやっていますので確認の作業となります。3月ではその部分を進めています。

また、今日の一問と称した難題も継続してだしています。

先日は偏差値60以上の学校でだされる基礎計算の問題を出したところ、7割が全問正解をしていました。着実に成果は上がっています。

こちらが習熟不十分と判断した生徒に関しては曜日外に呼び出しをして、計算のプリントをやっていただきます。

基本的に本人と御家庭に連絡をしたうえで行いますので、お手数をお掛けいたしますがご理解とご協力の程なにとぞよろしくお願い致します。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック