塾長の教育相談 高校入試の良い受験方法を教えてください

画像
高校入試のよい受験方法を教えてください


高校入試は通過点と考える。大学入試につながる受験をすることです

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミ塾長の阿部です

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

都立が第一志望だから併願校を押さえておけばいいというより大学で行かせたい、例えばGMARCH早慶の付属をチャレンジしてみる。そこで受かればそれ以上を目指し、だめなら再度大学で目指す。そうすると高校に入った時、気が緩まずに勉強に目が行きます。

多くの合格した諸君は高校入試で1度勉強モードを解いてしまいます。

そうして再度エンジンがかかるのは二年の冬あたりでしょうか。

1年から継続している諸君とは基礎力が違いますので当然受験する学校が異なってきます。

志学の現在の塾内模試(センターレベル)のトップは190点台。小学生から継続して通塾しています。

特に英語は鉄人に食らいついています。現在190点以上(200点満点)をコンスタントにとるようになりました。

余裕を持って受験することをお勧めしています。

高校は科目が多いので相当要領よく勉強しないと全科目を高得点と言うのは難しいのです。

また同じようなレベルの生徒が集まりますから、ギリギリで合格するとついていくのが大変です。学校の勉強に追いまくられ受験勉強どころではなくなります。ですからある程度余裕が持てる成績の学校に進学することをお勧めしています。

1年時で受験勉強の比率は半々でも2年から受験勉強の比率をあげざるを得ません。3年では9対1以上でが高くなります。

偏差値だけでは決めないこともお勧めしています

実際に学校を訪問し保護者は生徒の様子を見て自分のこどもを重ねてみる。子供に合っているかどうか親の目に自信を持ってください。行かせたいと思えるかどうかです。また何を優先順位にするか(進学実績、距離、制服の有無、風紀など)

ご家庭でできる1ポイント講座

志学ゼミは(社)スクールコーチング協会の本部としてコーチングを面談に取り入れています。

お子さんが話をしたがっている時に話を聴いてあげること。「そうなの。それで」など合いの手を入れてあげることが大切です。子供の話切った感を引き出すことです。

志学は定期テスト対策、内申アップと偏差アップ指導を行っています。

志学では保護者様1人1人と面談を行いました。納得するまで何度でも面談を行います。

受験生の進路相談はもちろんですが、担当講師も生徒、保護者様と面談を行っています。

保護者様には日頃の様子をお伝えしながら進路のお話、出来るようになったこと、課題をお伝えしました。生徒とお面談ではできるようになったことを確認しながら「将来の夢」について話を聞いています。

特に進路面談は春先から繰り返してまいりました。偏差値だけではなく学校を見学した時の保護者様の感想をお聞かせ願いながら繰り返して行なっています

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック