中学生の理科社会の授業について

画像
こんにちは、向井です。
今回は中学生の理科・社会の授業についてお話します。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

今、向井は中学1年生の理科・社会を火曜日に
中学2年生の理科・社会を木曜日に行っております。

暗記要素が多い理科・社会では授業中に覚えるように工夫をしていますが、
理科の実験や社会の地図・絵・写真などを紹介することに苦労していました。

もっとわかりやすいものをとYouTubeの動画などを探したりしていましたが
授業中に探すとなると時間がかかり間延びしてしまいますし、
よい方法を探していました。

そしてついに今回映像授業の導入を認めてもらいました。
SPRIXのフォレスタシリーズです。

毎回の映像授業は10分程度。
お笑い芸人が導入。
CGを駆使したわかりやすい動きのある映像授業解説。
解説のあとにクイズ番組のような確認問題。
と、毎回の授業で押さえるべきポイントが10分程度でわかります


最近はテレビやインターネットから情報を得る機会が増え、
映像授業に対する不安も少なくなってきました。
しっかりと見て、聞いて確認できる教材です。

映像授業のレベルは定期テストで80点を目標にしていますので
初めて習う範囲の授業には最適です。

90分の授業構成として、
映像をみて確認することが15分
フォレスタのテキストの問題演習が15分と
30分で1つの単元を行う予定です。
ちょうど「アンパンマン」2話分といった感じです。
忙しい中学生の貴重な時間で無駄なく効率よくできるように
組んでいます。

テキストの演習は向井が一緒に確認します
また宿題はテキストのExerciseと固定しますので
どうしても来れずに休んでしまった場合でも
どこを進めるのか自分でわかります。

90分の授業で毎回
理科と社会を1単元ずつ進めます。
残りの30分はよりハイレベルな問題に挑戦し
入試問題まで対応できる思考力を養います。

映像インパクトをつけた予習
対話形式でしかできない思考力の育成
効率よく楽しく学べる授業構成になりました。

理科・社会を選択受講している生徒のみの特権です。
一緒に楽しく得点UPを目指して
理科・社会に興味を持ってもらいたいと思います。



田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック