合格者に拍手 それは志学の伝統です

画像
志学ゼミの伝統は合格者が出ますと、みんなで拍手をすることです。

それがたとえ、知らない先輩、後輩であってもです。

私が常々伝えていること。

  「他人の合格を喜んでいると自分に回ってくるという話です」

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミ塾長の阿部です

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

今年は上智大学の指定校推薦からスタートしました。どのクラスでも拍手が起こりました。先日も防衛医科大学看護学科1次試験合格者が出たときもそうでした。一番拍手をしていたHくんが今度は多摩美大に合格しました。

それをまたみんなに報告すると「わー」という歓声とともに自然と拍手がわきあがりました。

現在、どこを受けるか。向井講師と日程を調べ、手続締切日もありますので調整をしている最中です。

自分が度いう成るかわからない時に素直に人の合格を喜べることは大きな財産です。

そういう向井講師もそうでした。

昔こういうことがありました。

向井講師は浪人して志学ゼミに通っていました。

後輩のAさんは滑り止めを落ち、まだ受かっていませんでした。しかし「向井先輩には受かってほしい」とポツリと漏らしたのです。

私は感動しました。そして思わず「合格おめでとう。受かっているよ」と言いました。

きょとんとするAさんでしたが、その時はそんな気がしたのです。そうして言葉が出てきたのです。

そしてAさんは第一志望だけが合格するという奇跡が起こりました。私は特殊な能力はありませんからただそんな気がしただけです。

自分が一つも合格していない時、後輩が合格をしました。

その時向井講師も満面の笑みで「おめでとう」といったのです。大したものです


「艱難はともにできるが富貴はともにできない」高杉晋作の言葉です。苦しいことは一緒にできるけれど喜びを分かち合うのは難しいということです。特に自分がうまく行っていない時はそうです。

私はそれを聞いたとき「向井くん、もう願書を出す必要はないよ」と告げました。

「大学には行くなということですか?」

「そうじゃないんだ。もう受ける必要がないということなんだよ」と話しました。

きょとんとする向井くん。それもそのはず。1校もうかってはいないのですから。しかし私はそんな気がしたのです。

怪訝な表情で帰宅する向井くんでしたが、幸運の女神がほほ笑んだのです

次の日、向井くんの家のポストに小包が投かんされました。

繰り上げ合格の知らせでした。

合格した学校は、繰り上げ合格は出さない学校でしたので驚きも尋常ではなかったようです。

自分がうまく行っていない時、素直に人の合格を喜べることは中々難しいものです。しかしそれが自然にできたことはご両親の育て方、本人の生き方がそこに出たのではないでしょうか。

私は幸運の女神がほほ笑んだ瞬間を垣間見たような気がしました。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック