ノーベル賞受賞の本庶先生の言葉に見る生きざま

画像
ノーベル医学生理学賞に京都大学の本庶先生が受賞されました。

「自分が面白いと思ったらとことんやってみる」

「誰が見向きもしなかった石ころを磨き上げてダイヤモンドにする」

受賞後のインタビューで反されていた言葉です。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミ塾長の阿部です

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

そこに研究者としての信念だけでなく生きざまを感じます。

「薬として困っている人の手に届くまで研究は終わらない」という信念のもとに、製薬会社に本庶先生自ら話を持ち掛けたのということです。

京都大学の教授という肩書にとらわれない行動はすごみさえ感じます。

そしてノーベル賞で得られる賞金は京都大学に研究費、若手の育成に寄付されるそうです。

研究者としてだけでなく、今後の研究の継続等もお考えなのです。

まさに、ノーベル賞は通過点。素晴らしいですね。

君たちは高校までなぜ多くの科目を学ぶのでしょうか?

それは自分の中に眠っている可能性に気が付きためですし土台つくりなのです。

自分がやりたいこと、なってみたいことを漠然とでもいいから考える時期なのです。

勉強は自分のやってみたいこと、好きなことをさぐるためなのです。

そして実践。

大学で専門的なことを学び、その中から「とことんやってみたいこと」を見つけ、仕事にしていくのです

田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック