志学ゼミ田端進学教室の職員室

アクセスカウンタ

zoom RSS ガリバーブログ第26回「磁力分野 その1」

<<   作成日時 : 2018/11/17 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさんこんにちは!
今週は先週に比べて、
更に気温が低く生徒の中にはマフラーを巻いている人も出てきました。

志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です



田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。
志学ゼミの[[合格実績http://shigaku-zemi.at.webry.info/201801/article_26.html]]、[[成績UP実績 https://shigaku-zemi.at.webry.info/201809/article_21.html]]はこちらをご覧ください。


今回もテスト対策の講座です。

内容は「磁力」です。
目に見えない力である磁力は、
電気と密接に関わりあいがあります。
まずは言葉を整理して行きましょう。


「磁界」
磁力の影響の及ぶ領域を指します。
この範囲内では、決まった方向へ磁力の向き
が発生しており、
磁石の外側では、「N→S」の方向
磁力の内側では、「S→N」の方向

に磁力が発生しています。
また、方位磁針はこの磁界の向きにN極が向く性質があります。



「磁力線」
磁界の中の磁力の流れを示すもの。
磁石の外部では、N極からでてS極に戻ってくるように描く


下の図が一般的な磁力線です
画像



次に「電流が流れた際に発生する磁界」についてです。
これに関しては右手を使う事で簡単に、
@磁力とA電流の流れを特定できます。

電気の流れる導線の形が直線かコイル(ばね)状かで、
右手の使い方が異なりますので、

しっかりと覚えて使えるようにしていきましょう。
まずは、右手を握り、親指を立ててサムズアップの形を取ります。


導線が直線だった場合、
右手の親指を「電流」に合わせます。
すると、残り四本の指の爪先が同じ方向を向くと思います。
それが「磁界の向き」となります。
簡単な問題を用意しました。


画像


この図では、電流が下に向かって流れているので、
親指をしたに向かって合わせます。
すると他の4本がちょうど時計回りの方向を向いています。
よって、A。B。Cの3か所に方位磁針を置くと、

Cの場所では画像の奥からこちらに向かって「↓」の向き
Bの場所では画像の左へ向かって「←」の向き
Aの場所では画像の手前から奥にむかって「↑」の向き

となります。



次回は、この続きの
コイル右手の法則とフレミング左手の法則、
コイルの誘導電流についてを進めて行きます。

田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
小中学部理数担当:飯倉 雅人
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F〜4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時〜23時)

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガリバーブログ第26回「磁力分野 その1」 志学ゼミ田端進学教室の職員室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる