志学ゼミ田端進学教室の職員室

アクセスカウンタ

zoom RSS 修理と修復を考えてみました

<<   作成日時 : 2018/12/22 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
先日、家に帰ると台所に割れた小皿が置いてありました。 白くて真ん中に赤い小さな花が描いてある、どこにでもありそうなお皿でした。

そのお皿は、自分がものごころ付いたときには何枚かあったのですが、一枚、また一枚と減っていき、その日とうとう最後の一枚が割れてしまったそうです。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの飯倉です。

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

そんな最後の一枚をながめていると、「これって直せないのかな?」という思いが湧いてきました。
今まで使ってきたお皿が割れてダメになっても、直ればまた使えるわけですよね。

以前、日本には「直す」ということに関して独特の文化があると聞いたことがあります。
外国人と日本人とでは、割れたお皿の直し方が違うというのです。

それは、同じ直すという考えに「修復」と「修理」の違いがあるそうです。

修復とは、直して元どおりにすることです。
修理とは、直してまた使えるようにすることです。


この違いには、西洋ではお皿が食器としての意味の他に、部屋などの装飾品としての意味をもっていたことも関係しています。

そのため、割れたお皿を元どおりにするために、接着剤などの薬品を使って修復します。
使った薬品によっては、そのお皿での食事ができなくなりますが、割れたことが分からないように飾れればいいのです。

しかし、日本の場合はお皿本来の目的の、食器として使えるように修理します。
この修理とは、使えるように直っていれば、元と同じでなくても構わないのです。

蒔絵で模様がいれてあるのは職人さんの遊び心からです。
欠点が器の一つの特徴となって直っていますね。

使っていたものが壊れたらまた修理して使う。

この器の持ち主は、別にエコとかを意識しているわけではありません。

ただ単に、この器に愛着が持てるからこそ、大事にして使い続けているので


そして、その心がエコにつながっているのですね。

それは日本人の美しい心の一つだと思います。

田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F〜4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時〜23時)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
修理と修復を考えてみました 志学ゼミ田端進学教室の職員室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる