ガリバーの理科の話 エネルギーの話

画像
今日はエネルギーの話です

身のまわりでは様々なエネルギーの変換が行われています。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの飯倉です。

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

普段の私生活のなかでは家電製品でその変換がよくうかがえます。

どれも動かすには電気が必要になり、電気を消費すればその分だけさまざまな効果をもたらしてくれます。

蛍光灯は電気エネルギーを光エネルギーに変換して夜でも生活しやすくしてくれます。

テレビも電気エネルギーを光エネルギーに変換して私たちに情報を伝えてくれます。

洗濯機は電気エネルギーを運動エネルギーに変換して人間の代わりに洗濯してくれます。

家の中だけありません、外では電車が大量の人を毎日運んでいます。

これは電気エネルギーを運動エネルギーに変換して運んでいます。

どれも便利であり、電気エネルギーを使うものばかりです。
つまり電気エネルギーは便利で利用しやすいエネルギーなんですね。

この電気は比較的に新しいエネルギーです。

大昔は電気なんてありませんでした。

明かりはロウソクを使い、選択は人の手で全て行わなければなりません。

外を移動するのも徒歩でいくか、馬などを使うしかありません。

そう考えると現代は本当に便利であり、電気なしの生活なんて考えることができないでしょう。

ではその電気エネルギーはどこで作られるのでしょう

一つは火力発電所で、化石燃料を燃やしてできた熱エネルギーで水を水蒸気に変え、その水蒸気の膨張を利用してタービンが回転し、タービンの運動エネルギーが発電機で電気エネルギーになります。

原子力発電所も熱エネルギーの得方が核分裂反応からになっただけで仕組みはほとんど一緒です。

水力発電は水の流れる運動エネルギーで発電機を回し電気に変えます。

風力発電も風の運動エネルギーを電気に変えています。

太陽光発電は太陽からの光エネルギーをソーラーパネルで電気エネルギーに変えています。

こう考えると、様々な方法で電気エネルギーに変換しているのが分かりますね。

私たちの生活に欠かせない電気はこのように様々な方法でしぼり出されているのでした。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック