ガリバーブログ第39回「未来を見通した偉人達」

みなさんこんんちは!
もうすっかり春ですね。と言いたいところですが、
先週から気温が下がり始めています。
みなさんも風邪に気を付けて行きましょう!


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。
志学ゼミの[[合格実績http://shigaku-zemi.at.webry.info/201801/article_26.html]]、
[[成績UP実績最新版→
成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201812/article_10.html 
成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201812/article_2.html]]はこちらをご覧ください。



今日はタイトルの通り、
「未来を見通した偉人」です

自分の知っている中で特に紹介したい2名を挙げていきます。

「水木 しげる」
言わずと知れた、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者。
とんでもないほど未来を見通す力が高く、
いまからおよそ40年ほど前の1970年代に、
「人々は、手のひらサイズの新聞の様なものを見ながら通勤したり、歩いたりするようになっているだろう。」
といった趣旨の内容で現在のスマートフォンの登場をバッチリと言い当てています。
凄いですよね。想像だけで未来のことをハッキリと見通している点に驚きを隠せません。


「小島 秀夫」
こちらも有名な方ですね。大人気シリーズのゲーム「MGS:メタルギアソリッド」を生み出した監督です。
特に私の中で印象に残っているのは、2001年11月13日に発売された「MGS2」というゲームの中で、

◎近い将来にネットが発達しすぎて、お互いの行動などを自由に監視できてしまう

◎流行や人の考え方の誘導も、ネットを介して行えるようになってしまう


等の未来が来ることを危惧していました。これは今のツイッター等の「いいね」の動向で、
自然と「いいね」が多く集まる行動を選択しやすくなってしまう事ですね。
決して正しくない行動や言動でも、「いいね」が多くつくとまるで正しい行動の様に思えてしまう。
こうならない様に普段から、
「自分の基準をどこにおくのか?」を意識していきたいですね。




他にも、未来を見通した偉人はたくさんいますが、私のなかで特に凄いと思った2名を選び抜きました!
今回はここまで!
また次回お会いしましょう!


田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
小中学部理数担当:飯倉 雅人
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック