リスニングを導入しています

画像
昨年(2018年)の高1生の授業から、志学ゼミ高等部でもリスニングを授業に導入しています。

これまでの高1生の授業では英文法を中心に少しばかりの長文読解を加えていただけですが、2020年度から大学入試の方式がガラリと変わるという政府の方針に合わせ、志学ゼミとしてもその対策を始めたわけです。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

鉄人の1ポイント英語はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRfl

2020年からの大学受験では、英語大改革が実施されると様々なメディアが伝えています。

それまでのセンター試験ではなく、英検、TOEIC、TOEFL、GMAT、IELTS等の外部の英語検定試験の結果で受験生の英語力を判定するという方式に切り替えるというのです。

しかも、これまでは問われなかった受験生の「発話力」も大学受験で試す予定だと報告されています。

これまでの「書く」、「読む」だけでは大学受験に対応出来なくなる可能性が出てきたのです。

全国の高校、予備校、塾にとって、これは大きな衝撃です。

大学進学を目指す志学ゼミとしても、これまで通りの英文法、センター試験対策、記述試験対策だけでは不安なため、まずは塾生達の耳を鍛えることからこの大改革を乗り越えようと決めたのです。

とはいえ、これまでの指導方法を全く変更するというのではありません。

キチンとした英語を「聞き」、「話す」ためには、やはり「英文法」は必要です。

また外部の英語検定試験でも長読文読解は出題されます。

そこで、元々の授業内容は残しながらも、「聞く」、「話す」の部分を加えていくつもりなのです。

より具体的には、高1の夏までが「聞き取りの準備段階」

秋から2月までが「発話の基礎段階」、高2の前期が「聞き取りの応用段階」、後期が「発話の応用段階」、高3は「受験レベルの聞き取りと発話」と位置づけます。

目標は高1の終わりから2年前期の間に「英検2級」、高3になるまでに「英検準1級」もしくはTOEIC650点以上」を目指し、達成者はTOEFLに挑戦させるつもりです

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック