受動英語から能動英語へ Part2

画像
「和魂洋才」を続けるのが、どうして困難になって来ているのでしょうか?

それは、言語と文化が一体だからです。英語を語学だけとして学ぶことは、不可能なのです

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

鉄人の1ポイント英語はこちらhttps://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZ

真の意味で英語を習得したいのであれば、英語を母国語とする国々の文化、習慣も学ばなければなりません

これは「レディファースト」とか「アイコンタクトの重要性」といった表面上の習慣に留まらず、文化の真髄にも関わります。

簡単に言えば、日本人が持っている「集団主義的」な大和魂とは別に「個人主義的」な英米人の考え方も身につける必要があるということです。

日本人が大和魂の精神構造のままで英語を身につけるのは、ほぼ不可能だと言っても過言ではありません。普通の人であることを好み、集団の中に埋没して自分を持たないままでは、真の意味での英語は身につきません。

「あれ」、「これ」、「それ」と言っただけで、相手に理解を求める態度やあいまいな相槌で済ませるような態度では、英語は使えないのです。

日本人はこれまで、あるいは現在でもカタカナ英語やローマ字を多用して、英語が使えるような気になっています。

「交番」をKobanと表示したり、UCLAという文字のおついたTシャツを着たり、「便所」をToiletと表示したり、「材料」をマテリアルと言ってみたり、「選択」をチョイスと言ってみたり、「英語が分かるふり」の例を挙げればきりがありません。

しかし、現実の日本人は、世界で一番英語の出来ない国なのです。

ご存知でしょうか、欧米への正規留学をするために受験する必要があるTOEFLの成績は、日本が最低であることを

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック