志望校の決め方 その3

画像


北区、荒川区の学習塾、志学ゼミの芳賀です

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201801/article_26.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

本日のブログもまた学校の決め方についての内容です

是非とも参考にしていただければと思います

学校を決めるポイントは数点あります。

・感性=お子様が感じる学校の雰囲気や部活動の様子

お子様は感性・直感で学校を決めることが多くあります

なんかピンきた!

この学校の雰囲気が良いな!

この部活動で頑張ってみたい!

というように感性で判断をします!

これはあながち間違っていません

このことは以前ブログで申し上げました。

この直感を大切にしていただきつつ、保護者様の判断も必要になります

・理性=通学時間、合格実績、指定校推薦枠の充実

保護者様は理性で学校を判断されます。

お子様が学校見学に行くのは昼間が多いです

その時間の電車はラッシュの時間ではありません

しかし、実際電車で通学する場合は、満員電車に乗ることになります

本当に毎日この満員電車に乗ることが出来るのかな

学校の雰囲気は良いけど、この1時間て距離は毎日通えるかな

この学校の部活動は充実しているけど、部活動を引退した後の大学進学率と合格実績はどうかな。

指定校枠は充実しているかな。

などの細かいポイントを保護者様に確認をしていただく必要があります

お子様がなかなか気が付かない点を調べるようにしてください。

入学後のことも考えなくてはなりません

・科目数の増加、授業内容の難化、部活動、友人関係の構築

中学校の時よりも科目数が増えます。

当然、難易度も上がります

そのためぎりぎりの点数で高校に合格してしまうと入学してからが大変になってしまいます

予習・復習だけで精いっぱいになってしまい、部活動や友人関係を築くことが困難になってしまいます。

我々から申し上げているのは余裕を持って高校に合格をしようです

自分の行ける学校よりも1ランク下げることで入学後に余裕が生まれます

もちろん、自分の実力相応、それ以上の学校に受かって鍛えていくことも1つの判断であると思います

自分のお子様がどのタイプに当てはまるかを考えていき、私たちと面談をさせていただきます

お子様に合った学校が見つかるように学校見学をしていきましょう

芳賀

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック