与えられるのを待っているのでは何も得られません

鉄人16.JPG大学1年生諸君が初々しく動き回っています。戦力になるにはもう少しかかりますが、折を見て話をするようにしています。先日も塾長から「仕事」って何だろうねと言う話が出ました。

彼らは(大学1年生諸君Sくん達)は何を答えていいのか戸惑っています。もちろん話には前提があります。

夢や希望は自分のもの、エゴだとすると考えていかなければならないことは何?という問いかけに続いてのものでした。

こういった問いかけや掃除が志学イズムなのです。これは塾長が先頭になってやっていますが私はそこに気付いたことを言います。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミ塾長の鉄人こと水谷です。

田端で36年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

鉄人の1ポイント英語はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRf

大学に入ってスポーツのサークルに入る諸君が最近塾生にも多いのですが、別に否定はしません。しかし大学生ですから読むべき本を読んでおかないと議論も何もできません。

そして最近本は何を読んでいる?などと何気なく聞きます。

そう話しますと何から読んだらいいですかと聞いて来ます。まあ、自分に興味のある事柄を読んでいけばいいのでしょうが、ドストエスキーでも読んでみたら?などと話します。大学までに読んでおかなければならない本を読んでいない諸君が多いので今からでもいいから読んでおいたらと言う話をします。

高校までは私のことを親しみを込めて?ミズティとかテツジ~ンなどと呼びます。

私は先生と呼ばれたいとかはありません。軽く扱われている?と言われたこともありますが、私は彼らに質問をしたり、質問に対して即答をすることで高校生から一目を置いて頂いています。まあ、ぎゃふんと言わせるところと言ってしまえばそれまでですが、有無を言わせぬところを持っていますので何と呼ばれようと構わないのです。

授業でもそうでしたが食いついてきた諸君にはとことん話しますが、大学生ですから与えられるのを待っていては成長はありません。

私は生徒自身に興味があるというよりも生徒が私から取得した知識をどう使っていくのかに興味があります。それがすたれていくのを残念に思うのです。

何気ない質問を悩んで答えてみる。本を読んで考えてみる。議論をして考えてみる。そうやって自分で自分を育てていくものこそ自分の道が開けると私は考えています。

ひたすら英文法の紹介はこちら→http://shigaku.biz/

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。


田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)
0

この記事へのコメント