前期を振り返り後期へ 受験生

受験生は、センター模試で120/200未満の標準クラスと120/200以上の発展クラスに分かれており、標準クラスは塾長の阿部先生、発展クラスは鉄人が教えています。 標準クラスの授業では速熟(Z会出版)と英頻(緑、青、赤)を使って、単語、熟語の知識を増やし、暗記する形で授業を進めています。 北区、荒川の学習塾、志学ゼミの鉄人こ…
コメント:0

続きを読むread more

君の英語は「感覚派?」「論理派?」Part3

「感覚派」はセンターレベルなら160/200くらいまではとれるようになるものの、それ以上がとれるかどうかは、出題される問題次第になります。 そこで、夏休みが終わった現在、塾内センター試験の成績が上昇した諸君は、必ずしも英語の実力が上がったかどうかは「感覚派」である場合には、一抹の不安が残ることになります。 北区、荒川の学習塾、志…
コメント:0

続きを読むread more

前期を振り返り後期に向かいます 高2編

夏期講習、8月の授業を通じて進めてきた「英頻(青)」(日東駒専入試レベルの英文法、語法問題集)の解説を続けて授業で扱っています。 10月からは「英頻(赤)」の解説を授業に導入し、まず1編「語法、慣用句」の学習を冬期講習末までには終えたいです。 北区、荒川の学習塾、志学ゼミの鉄人こと水谷です。 田端で36年の実績を持つ学…
コメント:0

続きを読むread more