英訳と英文解釈の違い PART1

DSCN9165.JPG英語はコミュニケーションの道具でしかありませんから、その道具が使えるようにするためには、英語で伝えられた情報を理解出来るようにする必要があります。

英語で書かれた内容を和訳するだけでなく、理解することこそ英文解釈だからです。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で36年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

鉄人の1ポイント英語はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/videos

英語の習得は、家を建設することに例えられます。

単語や熟語、慣用表現等は家の材料となる木、レンガ、鉄骨のようなものです。

材料を集めただけで家を建てることが不可能であるのと同様、英語の知識面をいくら充実してもそれが使えなければ、英文解釈は出来ません。

家を建てるための設計図に相当するのが英文法ですが、設計図通りに材料を組み合わせればどんな素人にも家を建てられるワケでないのと同様、英文解釈が出来るようになるためには、練習につぐ練習が必要です。

英文解釈は、単なる英文和訳とは異なります。

英文和訳とは、英文を単語、熟語、慣用表現の知識を基に英文法に従って和訳することですが、英文和訳が出来たからといって、その英文の意味が正確に理解できるとは限りません。

例えば、Rain stopped me from going out. という英文を和訳すると「雨が、私を外出することから止めた」のようになります。

確かに、言いたいことは分かりますが、きちんとした日本語にはなっていません。このように英文を直接和訳することを「直訳」と言います。

それに対し、きちんとした日本語になるように意味を考えて和訳することを「意訳」と言います。

先程の英文を意訳すると、「雨のために、私は外出出来なかった」のようになります。

後者の「意訳」の方がずっと意味が分かり易くなりますので、和訳問題の解答としても、自分の頭に整理して覚えておくにも有用です。

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント