ガリバーブログ第84回「問題解答の注意点」

皆さんこんにちは!
1月に入り、入試に臨む生徒も出て参りました。
毎年のことですが、わたしも受験に際し緊張してしまいます。


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で36年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/201903/article_6.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201905/article_10.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201905/article_9.htmlはこちらをご覧ください。



今回は「問題解答の注意点」と言う事で、

受験を間近に控えた生徒に向けた内容になっております。



現在中学3年生と6年生の所謂、「受験学年」を2つ担当させてもらっています。

受験問題や過去問を解いてもらっている姿を毎年見ているのですが、以下の様なミスをよく目にします。


1:「~について記号で答えよ」という問題なのに、回答を記号ではなく対象の名前を書いていた


2:問題文に「ただし、辺ABと辺CDは平行である」などのヒントが書いてあるのに、

それを読み落としてしまったがために回答が出来なかった


3:関数と図形の複合問題において、問題1と問題2で点が移動し図の形が変わってしまっているのに、
問題に書いてある図のままだと勘違いして解けなかった

4:解答の記号がカタカナで指定されているのに、平仮名で書いてしまった。



この4つは本当に良く起こっているミスです。
防ぐ方法としては、「文章を注意深くよく読む練習をする」の1点に限ります。
よく読む練習をしていると、そのうち「あ、この文章のタイプはここに大事なことが書いてあるぞ!」と
経験値からある程度重要なことが書いてある場所が予測出来てくるので、
結果として文章を読むスピードがあがり、時間にも余裕が生まれます。
最初は時間が掛かっても良いので、必ず「文章を注意深く読む練習をする」ことを意識してみて下さい。



田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。


志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント