高校入試報告会を行いました

DSCN9289.JPG芳賀副塾長を中心に3月14日高校入試報告会を行いました。雪にもかかわらず、大勢の方がいらっしゃったことを感謝いたします。

今回は、その一部をご紹介いたします。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミ塾長の阿部です

田端で36年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

芳賀副塾長からは、志学ゼミのクラス編成についてです。

選抜(偏差値65-70)は都立自校作成、都立上位校/発展(偏差値55-60 向丘・江北)/標準(偏差値50-55)に、毎月の塾内模試、外部模試、学校の試験を元にクラス分けをして、それぞれの志望校を目指します。

英語は、ルーティング(学校の教科書の読み・訳/ワークブック/単語・熟語)を基礎作りとして徹底しています。

文法・問題集で、英文を読むための術を学んでいきます。

そして、いざ模試・過去問などの問題に取り組み入試に向かっていきます。大事なことは間違い直しです。

間違い直しをすることが得点アップのカギとなります。

あとは日頃からの単語練習、英語の読み練習などを、毎日繰り返すことです。

入試に関してです。私立校はそれぞれの学校が独自に問題を作成しますので、基本的な番強をし、それぞれの学校に合わせた勉強をします。

入試制度も様々です。単願(その学校のみ)、併願とあり、その応募により優遇があることもあります。

 都立校は内申点(通知表)が大事になってきます。都立入試は1000点満点(5科目入試+内申)で換算します。

内申点の中で、通知表の内、専門科目は2倍で計算します。オール5の場合は、5科目25+4科目40の計65が最高となります。

学校での内申の基準となるのは、授業態度・課題提出物・定期試験の三つです。

提出物、定期試験に関しては徹底的にチェックをしています。

学校によって比率に違いもありますが、内申:入試得点=7:3の場合は、入試5科目を1.4倍+内申を65の場合は300点満点で計算していきます。

入試の流れは、私立単願入試(他は受けない/内申・偏差値を基準)、得点によっては授業料無料などの特待生あり→都立推薦(内申・集団討論・面接・小論文)→私立併願(内申重視)・私立一般・国立→都立一般と続いていきます。

面談を重ねながら志望校決め、入試へと向かっていきます。

特に都立校に関しては、内申点が重要となっていきます。

志学ゼミでは集団と個別があります。

検定試験対策、定期テスト対策等併用して行います。

個別は中井川講師が担当しています。

「まずはご家庭の方針ありき」です。ご家庭の方針が都立、私立かを決めることが大切です。

田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント