パズル道場 PART3

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒さん達が通塾しています

こんにちは!
今日も元気にいきましょう!!

田端で37年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、
[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。


志学ゼミパズル道場の様子その1
https://www.youtube.com/watch?v=ZUUxO1EN6vA

志学ゼミパズル道場の様子その2
https://www.youtube.com/watch?v=4topAN3PBTY



伸びる子に必要な2つのやる気を育てる

伸びる子に育てたいというのは親共通の思いですが、
伸びる子に育てるには「やる気」がとても重要です。
やる気には「達成感」によるやる気と、
「本来の楽しさを体感」することによるやる気の2種類あります。



その1 「達成感」による”やる気”

通常、できた、ほめられた、目標を達成した、点数が上がった、合格した等で達成感は得られます。
達成感を得れば自然とやる気につながりますが、長期的に続かないだけでなく、
難易度が上がったり量が増えたりなど、ハードルが高くなると簡単に失ってしまいます。
もちろん達成感を味あわせることも大切ですが、
それは長期的に持続するやる気ではなく、あくまでもスターターとします。



その2 「本来の楽しさを体感」する事による”やる気”

勉強であれば、たとえば算数の科目本来の楽しさ。
スポーツであれば、たとえば野球本来の楽しさです。
できたできない、勝った負けたではなく、それぞれの本来の楽しさです。
それでは、算数における「本来の楽しさ」とは何でしょうか?
算数の科目本来の楽しさとは「考えるプロセス」です。(正解を求める事ではありません。)
もっと簡単に言うと考える時間そのものです。
したがって、簡単な問題は達成感は感じられても(考える時間がほとんどないので)科目本来の楽しさは感じられない。
つまり、難しい問題でなければ科目本来の楽しさは感じられません。
パズル道場では「算数本来の楽しさを体感」させることで、
難易度が上がるなどハードルが高くなったときに「楽しい」と感じられる子を育てます。
一般的には、年齢が上がったり、中学受験などになると難易度が上がります。
よって、将来算数が伸びる子に育てるには「やる気」は非常に重要です。


~パズル道場HPより~


田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html
・中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html
・高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html のご紹介
・教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.htm はこちらからご覧ください。
・無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html はこちらから。
・保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
#塾 荒川区   
#塾 文京区  
#塾 北区  
#塾 足立区 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント