中学と高校の英語の違い

16 (2).JPG今回は中学英語と高校英語の違いです。

高校の英語は、中学の英語とは量も質も異なります。覚えるべき知識は増え、学習内容はかなり難化します。

しかも、ただ黙々と学習して覚えるだけでは身に付かず、「勉強しているはずなのに、学力が上がらない」という経験もされることでしょう。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で37年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

鉄人の1ポイント英語講座はこちら→田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)



>>「えっ?勉強さえしていれば、学力は上がるんじゃないですか?」span>と不思議に思われるかもしれませんが、高校の英語は>>(中学でのような)「暗記」だけではこなせません。

単語、熟語などの知識や英文法を駆使した和訳のスキルを磨くことはもちろん必要ですが、それだけでは不十分なのです。以下に一つのエピソードを紹介しましょう。

昔、英語が非常に苦手な受験生がいました。ただ、彼は暗記は得意だったので、英単語や熟語は沢山知っていました。しかし、豊富な知識をどう使ったら良いのかが、分からなかったのです。

特に、英作文がカラキシ出来ず、そのまま、大学受験を迎えました。入試に出題された英作文の冒頭は、「父と母が、昨日、浅草に行きました。」でした。ごく簡単な和文英訳です。単語は全て自分の知っている範囲のものでしたので、彼はホッとして、以下のように書き出しました。

Father mother yesterday Asakusa go.

これはもちろん、笑い話ですが、それほど馬鹿にして笑いとばせるかどうかは、疑問です。確かに、中学生レベルの基本的な英語力があれば、Asakusa と go の位置が逆であることくらいは、分かるでしょう。

英文の構成は「主語+動詞~」になるからです。「~へ行く」は、go to~で、~の位置にAsakusa が来ることが基礎的な英文法の知識さえあれば、分かります。

また、基礎的な英文法の知識から、yesterday が文末に来ることも分かるはずですし、「父と母」はfather and mother にすべきことも分かります。つまり、中学生レベルの英語力で、少なくとも以下のような英文くらいは書けるはずです。

Father and mother go to Asakusa yesterday.

しかし、上の英文はまだ不十分です。yesterday「昨日」の話なのに、動詞が現在形 go の形になっているからです。では、go を過去形の went に変えた以下の英文は、成り立つでしょうか?

Father and mother went to Asakusa yesterday.
実は、上の英文でも、まだ不十分です。正解は、My father and mother went to Asakusa yesterday. か Father and Mother went to Asakusa yesterday. です。

「な~んだ、my が欠けたか、Father、Mother のように最初の文字が大文字になっていないだけじゃないの?」と思われるかも知れません。しかし、これは重要なことを示唆しています。

Father and mother「父と母」を my father and mother や Father and Mother「私の父と母」にする必要があることに気づくには、英語の常識や書き換え能力が必要とされるからです。

さて、中学英語では、単語や熟語を覚え、基礎的な文法力を使えば英作文は作れたでしょう。しかし、高校英語では、日本語文をそのまま英語に直しただけでは、英文として成り立たない場合が、多々あります。

先ほどの「父と母は、昨日、浅草に行きました。」の例は極端ですが、日本語的な考え方をそのまま英文を作る際に持込んだ例です。そのような失敗を犯さないようにするには、日本文をそのまま英文に置き換えようとせずに、まず、元の日本文を英文にし易い日本文に書き換えてみることが肝要です。


鉄人
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

「ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント