ガリバーブログ第105回「数字の意味を考えよう」

皆さんこんにちは!
7月に入りコロナウイルスが再び流行りはじめました。
大事なことは毎日発表される数字の意味を考える事。
算数の文章題の様に数字だけを追いかけても、
大事なことには気が付きにくいので注意していきましょう。

志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で36年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/201903/article_6.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201905/article_10.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201905/article_9.htmlはこちらをご覧ください。


田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。


 今回もタイトル通りの内容となります。

わたし達の住む東京では、「コロナウイルス」に関する感染者の数が毎日発表されています。

例えば、7月17日では293人と過去最多の記録が出ています。

しかし、待ってください最近人数が増えているのは経済活動を再開したことだけが原因なのでしょうか?


東洋経済新聞のHPに面白いデータベースがあります。

こちらがリンクです→https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/



こちらを見ると面白いことが分かってきます。

たとえば、7月の感染者数が増えるのと同時に回復者数も比例して上がっています。

また、感染者数は確実に増えているものの、重症感染者数は4月・5月に比べて大きく下がっています。

更に感染者数のうち、大きく数を伸ばしているのは20代・30代の年齢層となります。

これらの事から考えられることは、

「第一次緊急事態宣言」での活動自粛において勤務先のお店や会社が取引を停止してしまい、

その間に収入が無かったため十分な備蓄が出来ず、

さらに働き出してまもなく貯金も十分でない20代・30代が生活のために働かざるを得ず

そのために若者を中心に感染者が広がってしまったのではないか?

こう言った可能性は大いにあり得ると思います。


政府から緊急事態宣言で自粛要請に従った際の十分な補償がないために、

家で自粛したくてもできない立場の人たちが働きに出て感染してしまっているという事も考慮にいれ、

世間の風潮である「コロナ感染者=悪」といった流れに流されない様にしましょう。

数字は意味を持っています。どんな意味が隠れているのか、問題を解くときの様にじっくりと考えてみていきましょう。


今日はここまで!

また来週お会いしましょう(/・ω・)/ 


志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント