ガリバーブログ第106回「密度についての授業風景」

みなさんこんにちは!

今年の夏は、冷夏と言われる通りいつもより気温が低いですね。

その所為か、セミの鳴き声もまばらで、どこかさみしい感じがします。


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で37年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigakuzemi.info/coaching/results.html

成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201905/article_10.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/201905/article_9.htmlはこちらをご覧ください。


田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。


今回のテーマは、「密度」です。 

今、小学5年生のクラスでは、ものの密度や流れる水の働きなど「水の性質に」関する分野を中心に進めています。水の性質はとても面白く、そしてこのユニークな性質が地球を支えているのです。水って面白い!

DSC_0001.jpg


飯倉「今日はものの密度に関する授業だ!まずは、みんなこっちを見て欲しい。このティッシュ箱とこの辞書はどちらの方が重いと思う?」


A「当然、辞書だと思います。」


飯倉「そうだね。確かにこの辞書の方が重い。持ってみてご覧?そして、次の質問はこれだ。なぜ、ティッシュ箱よりもサイズの小さい辞書の方が重たいのか?何が違いなのか?だれか言えるかな?」


B「うーん、なんていえば良いのかな・・・辞書の方が中身は詰まっているから?」


飯倉「そうだね。それをハッキリとさせたのが密度だよ。物を全て同じサイズにして、その時の重さを比べるんだ。そうすれば、同じサイズでの重さだからスカスカかギッシリつまっているのか?はわかるよね。」


C「たしかに、同じサイズに揃えてしまえば比べる事ができますね。」



密度の分野では、「密度=重さ(質量)÷体積」といった、公式だけがかなりプッシュされていますが、大事なことは、何故その計算で密度を比べる事が出来るのか?といった理由です。その理由に焦点をあてて授業をしていきます。



志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント