「~ですよね」にみる言葉の使い方に間違えが起こるのか?

16 (2).JPGしかし、どうして[~ですよね」などと言葉の使い方の間違いが起こるのでしょうか?

一つは、日本人が英単語を見た時、一つの英単語イコール一つの日本語の意味に解釈したがる悪い癖があるからです。

dayと言えば「日」、armと言えば「腕」としか思わないのが、ほとんどの日本人でしょう。

しかし実際は、dayには「曜日」、「昼」のような意味もあります。

armには「武器」のような意味もあるのです。What day of the week are you free?「一週間の何曜日が、お暇ですか?」と聞かれた時に、ほとんどの日本人は「曜日」ではなく、「日付」を答えることからもそれは明らかです。

もう一つの原因は、日本人が正確さよりも曖昧さを好む傾向にあるからかもしれません。

日本には、「まあ」や「ねぇ」や「そういうこと」のような漠然とした表現に満ちています。

直接表現よりも婉曲表現を好み、最近の若者でも「それな」や「やばい」や「まじ」のような意味の不明確な表現を用いがちです。

「曖昧な表現は日本文化の美徳だから、仕方がない」と開き直る人もいるでしょうが、英語を使う状況にまで日本文化を持ち込まれると、コミュニケーションが成り立たなくなってしまいます。

8月の集中授業の中でも、以下の高1の授業での様な「こ、そ、あ、ど」言葉や曖昧な表現で、英文解釈に支障をきたした場合がありました。

鉄人:ベンジャミン=フランクリンの実験結果から、夏には黒より白の方が熱を吸収しにくいことが分かったという段落の続きだ。

Summer hats for men and women should be white as they repel the heat.はどういう意味になるかな?

Yさん:男性や女性用の夏の帽子は、白であるべきだ。なぜなら、彼らは...。
鉄人:ちょっと、ストップ。theyを何て訳したかな?
Yさん:えっ、「彼ら」ですけど。

鉄人:「彼ら」って誰のこと?
Yさん:「男性や女性」じゃないんですか?
鉄人:そりゃ、変だろう。Repelは「反射する」という意味だから、「男性や女性が、熱を反射する」という意味になってしまう。
Yさん:あっ、そうか...。

鉄人:じゃあ、theyは何を指すのかな?
Yさん:summer hats「夏の帽子」ですか?
鉄人:その通り、「(白い)夏の帽子は、熱を反射する」という意味になるわけだ。theyは必ずしも「彼ら」という意味になるとは限らない。「それら」の意味もあるからね。機械的にtheyを「彼ら」と訳す習慣をやめよう。必ず、「何を指しているのか?」を考えよう。
Yさん:分りました。

上記のようにtheyでさえ、全て「彼ら」と和訳する学生がほとんどである現状ですから、文の一部や文全体を指すthisやthatを「これ」や「あれ」と和訳するだろうことは、容易に推測されます。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で37年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 https://shigakuzemi.info/coaching/results
田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

鉄人の1ポイント英語講座はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/videos

しかも、「これ」や「あれ」が何を指すのかを意識せずに読み進めて行ってしまうと、正確な読解には絶対に結びつきません。

日本人的な読み方に終始していると言ってしまえばそれまでですが、このままでは英文章の読解はもとより、「国語」の読解にも支障をきたしてしまうような気がします。

やはり、「こ、そ、あ、ど言葉」や曖昧な表現は必ず具体的な内容に言い直してから、読み進める習慣をつけることが肝要だと鉄人は信じています。

ひたすら英文法の紹介はこちら→http://shigaku.biz/

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。
7
7月も16時から毎日英頻の特訓を塾長が行いました。授業は18時から21時10分にて行いました。

8月から夏休みが始まりますのでそれに応じて時間を調整してまいります。


今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント