ガリバーブログ第121回「小5 理科の授業風景」

みなさんこんにちは!

今週は雪も降り、寒さが一段と増していますね

寒さとコロナのダブルパンチですが、

防寒とうがい手洗いをしっかりと行って対抗していきましょう!20201214_202505.jpg


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で37年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/202003/article_6.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_29.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_28.htmlはこちらをご覧ください。


田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。



冬期講習から続けて、動物の性質や進化の痕跡・内臓機能の違いについて授業でおこなっています。例えば、魚類や両生類、爬虫類の骨格一つみてみることで共通点や進化した点がハッキリとわかります。


A「先生、私たち脊椎動物って本当に同じ祖先から派生しているんですか?」


飯倉「なかなか面白いことを言うね。それじゃあ、その点を骨格に注目してみてみよう。」


A「教科書のやつですよね。魚類なんて、哺乳類と全然ちがくないですか?」


B「確かに。肋骨もないし、背骨から上下に骨が伸びてて、そもそもの骨の位置が全然同じじゃないですね」


飯倉「それは、進化の手順が2個先の動物を比べているからだね。魚類の次に現れたのは、両生類だからその二つを見てごらん。」


C「あー!確かに、魚類と両生類で頭の骨の形がほとんど一緒ですね。」


飯倉「さらに両生類には、手足が生えているけど足の付け根に骨盤という骨が無いよね。比較的近い種類の動物の骨格から見ていくと進化がわかりやすいぞ。もっとみていこう!」


骨以外にも、内臓の肺の構造を見ていくと両生類→爬虫類→哺乳類と進むにつれて機能が高性能化しているのがわかります。生物の進化は自然の中で行われていて、そして狙ったかのように理にかなったものとなっています。そこに面白さがありますね。




志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント