ガリバーブログ第127回「3月の授業風景 5年生」

皆さんこんにちは!

春期講習が始まっています。

講習が楽しみで前日は全然眠れず、朝5時に起きていました!


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で37年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/202003/article_6.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_29.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_28.htmlはこちらをご覧ください。


田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。


授業の様子です。

3月から週3回に切り替わった生徒達が多く、宿題をこなす生活リズムがまだ作れていない様です。

この宿題をやるリズムの作成にもっとも有効な手段は成功体験でです。

こちらも宿題の量と授業の内容を調整し、

「やってきたら合っていた」→「やってきたから、つぎの問題が解けた」という循環を直接生徒自身が体験しない限り、

自ら進んで宿題をやるという習慣の獲得は難しいです。まずは一人でも多くの生徒が、この体験を出来る様に指導をしてまいります。

成功体験をし、習慣を獲得できた生徒は小5にもかかわらず素晴らしいノートを作って来てくれています。こういった成果を見ると嬉しくなって来ますね。

授業の内容です。

小数の掛け算、割り算を徹底して解かせています。また、小4のころからずっと練習している文字を使った式の計算も継続しています。

掛け算は、大きな桁の掛け算が出来る生徒なら、

比較的簡単に習得可能ですが割り算はやり方を間違えると何度やっても正解にたどり着きません。

特に余りのある割り算では、答えと余りの位置の小数点の位置の決め方を最初に習得して、

そこから計算練習をはじめないといけません。授業時間の4分の一を割り算の練習に割いています。

ワタシの持論ですが、小5の軸の一つは、「小数の計算」であると考えています。

円周の問題も、割合の問題も最初は必ず小数の計算から導入が始まります。

小数計算が出来ないと、小5の内容は理解できないと言っても過言ではありません。

小学校で小数の計算が出てくるのが、5月付近ですからそこに間に合う様に練習をさせています。


春期講習では、余りのある割り算の練習に入っていきます。ここは本当に厄介です。

話を聞いて、まずはその通りにやって練習しなくてはいけないので、

春期の時間の多さを利用して短時間に集中して一気にやらせていきます。とにかく今は、基礎的な習慣づけに全力を注いでいきます。



志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント