ガリバーブログ第130回「春期講習の様子 小6理科」

みなさんこんにちは!
三寒四温な春らしい気候が続いていますね。
このブログを打っている時は、
丁度「3寒」の部分にあたり、若干肌寒いです。
風邪に気を付けながら、過ごしていきましょう!


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で38年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/202102/article_26.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_29.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_28.htmlはこちらをご覧ください。


田端で38年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。



春期講習では、生物同士のつながりや地球環境について進めています。まず、生徒に伝えたのは地球全体という規模で見た場合、人間はかなり悪い存在であることや環境破壊の原因の多くを引き起こしていること。これらの真実を知ったうえで、生物のつながりの大切さに触れていきました。


飯倉「今日は、生物同士の役割の三つ目を教えるよ。前回までやった2つはなんだったかな?」


A「はい!生産者と消費者です。」


飯倉「正解。実は生物界にその二つだけの状態だと、とてもまずい事が起こってしまうんだ。なんでだかわかるかな?」


B「なんでですか?栄養を作る役割と、それを使う役割。ほかに必要ですか?」


飯倉「植物は無機物を有機物に変える。消費者はそれを使って別の有機物を作る。じゃあ、植物が最初に使う無機物は誰が用意するんだい?」


C「あ・・・確かに、それだといずれなくなっちゃいますね。」


飯倉「そうだろう?そして、ここからが自然にすごいところなんだが、有機物を無機物に変える役割の生物がちゃんと用意されているんだ。名前を『分解者』と呼ぶ。」


D「すごい、天然のリサイクルシステムがあるんですね。」


飯倉「その通り。人間のリサイクルはこれを真似しているんだ。まだまだ自然から学ぶことはいっぱい残っているんだよ。」



自然は、便利に利用するものでも、消費するものでもなく、尊び・恐れ・学ぶものです。それら自然との共存関係をいまよりももっと重要視される未来に生きる生徒達には、改めて自然のすごさ、大切さをしってもらいました。



志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント