ガリバーブログ第145回「夏期講習の授業風景(小6クラス)」

皆さんこんにちは!
このお盆休みがおわると、次の夏期集中が始まりますね
今年は例年通りの授業日程となっており、
今から授業をするのが楽しみです。


志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で38年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/202102/article_26.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_29.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_28.htmlはこちらをご覧ください。


田端で38年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。



今回は小学6年生の夏期講習の授業風景です。

夏期講習中の出来た事:

比例 反比例 グラフの書き方 縮尺の復習 表面積・体積の復習

8月集中授業の目標:

錐体 場合の数 組み合わせ

講習中の授業のなかで、必ず「自分が今計算している数字の意味はなんだったのか?」を書くように指導をしています。また、他の内容に関しても、必ず「どうやって考えたのか?」または、「なんでそう考えたのか?」をしっかりと自分のノートに書いて、自分の口で言えるようになることを目標として授業をしています。やはり、勉強のできる生徒ほど途中式を詳しくノートに書いており、突然私が「途中式は?」と質問しても対応できています。この逆もまた然りです。点数の低い子ほど、『①途中式を書かない→②間違えても途中式が無いので自分の出来ていない所がわからない→③どこが悪いのか分からないので、また間違える→以下②と③の繰り返し』というとても悪いループに入ります。小学6年生の時にこの悪い習慣を無くすためにも、毎日の講習の中で習慣改善を行ってまいりました。


授業の内容として、まずは体積・表面積を中1レベルの図形でも解けるように進めていきました。現在の小学校教育では、小学6年生次のカリキュラムから表面積の内容が抜けていました。にもかかわらず、中学校1年生の項目として当たり前のように出てきてしまいます。こういった際に、小学校の頃から体積表面積に触れているととても強いのです。

縮尺では、数字のもつ意味を意識させてきました。この単元では、実際に長さと地図の長さの二種類の意味が出てくるのですが、問題文で聞かれていることがどんな意味をもつものなのか?地図を聞かれているのか?実際の長さを聞かれているのか?を考えながら解くことを指導していきました。

後半の集中授業では、小6の比例・反比例と速度分野を再度徹底して進めていきます。小6どころか、中1・2・3、人によっては高校の物理分野にも影響を及ぼしかねないところなので、慎重にやり方の理解を重視して進んでいきます。


 今回は以上です!

また次回お会いしましょう!!


志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント