高3が中3に語る母校の話と高校生活

DSCN0039.JPGこれも恒例になってきました学校紹介。高校生が中学生に自分が通う高校の話をしました。今回のインタビュアーは向井講師、芳賀講師が行いました。田端から学校への行き方、どうしてその学校を選んだのか?部活の様子。学校での宿題の量。制服、頭髪について、各生徒からの質問に高校生が快く答えてくれました。公立と私立の違いを先輩の話から感じ取ってくれました。
そして後輩の前で将来の夢を語り、志望学への合格の決意表明を行いました。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミ塾長の阿部です

田端で38年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 https://shigakuzemi.info/coaching/results.html
田端で38年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

まずは、中学と高校の違いからです。

Wさん(文京高校)
 ・文京高校へは、自転車で30分ほどかけていきました。
 ・中学と高校では自由度の違いを一番感じました。自主性が求められます。
 ・科目数の違いもですが、難易度もあがります。赤点(平均の半分以下)を取ってしまうと、追試や補習、場合によっては、自主退学ということもあります。
 ・文化祭や体育祭の盛り上がりも、格段に違います。学校見学に行った際に、楽しいと感じたのがきっかけでもあります。
 ・校則はゆるいほうかと思います。バイトをしている人もいます。

Iくん(本所高校)
 ・電車の乗り継ぎが少し大変ですが、一時間弱かかります。
 ・校則も厳しいはずですが、流されています。先生もやさしめの人が多いです。
 ・生徒も大人しい人たちが多いです。
 ・授業進度は、全体的にゆっくりめです。予習・復習をしっかりしておけば、赤点をとることもないかと思います。
 ・実際にみた文化祭の雰囲気が、志望の決め手です。
 ・バイトをしている人は多いです。

Hくん(京華高校)
 ・勉強の進行は早いので、しっかりしておかないと追いてかれてしまいます。赤点は追試でなんとか進級は出来ました。
 ・男子校で、同性同士で気楽でした。
 ・バイトは禁止されていました。公立と比べると、私立の校則は厳しく、スマホの持参も許されていませんでした。
 ・建物もきれいで、設備もしっかりしていました。
Gさん(淑徳巣鴨高校)
 ・仏事に関する授業や式典などもあります。
 ・学力毎にクラス分けがあり、学力差はあります。進度に合わせて編成されているので、適度なクラスで進めます。
 ・設備は、整っていて、部活も盛んです。
 ・私立のなかでは、校則は比較的やさしめかと思います。


受験期にしておいて、良かったことは?
W「塾でも学校でも、言われたことをしっかりとする。」
I「併願校選びの際は、内容をきちんと調べる。」「勉強時間を確保する」
H「不規則動詞の変化表など、高校でもつかう基礎的なことをしておく。」
G「勉強するときは、メリハリをつけるように心がけた。」「できる事をコツコツと地道に積み重ねていく事。」

入試のときの面接はどうでしたか?
W「事前の準備をしておかないといけないと思います。」
H「単願なので、それほど準備が大変ではなかった。」

併願校はどう決めたか?
W「学校を出来るだけ見にいって、都立が第一志望ですが、ここでも良いと思う私立が見つけられ、気が楽だった。」
G「特待生などの制度を活用しました。」

プレッシャーはどうはねのけたか?
I「余裕をもった高校選びをしたことで、気持ちが楽でした。」
G「私立の併願を低めにしていたので、自分は大丈夫と思えました。」

最後に、メッセージとともに、自身の合格宣言をして終えました。
W「気負わずに、あれこれと手を付けるのではなく、言われたことをしっかりとする。」
I「塾を上手く活用すること」
H「先を考えて、学校選びも考えると良いです」
G「つらいなと思った時は、体を休めベストな状態にもっていくのも大事です。」

Tくん(豊島高校)
 ・電車の乗り継ぎがあって3,40分ほどでいけます。自転車だと少し時間かかります。
 ・帰り道に、繁華街に立ち寄りやすい。
 ・部活は、練習量なども厳しくなっていきます。学力は高いところを選んだのできつかったです。
 ・実際に、部活をみて、雰囲気などがよかったので行きたいと思いました。
 ・来年からは新校舎になります。
 ・バイトは黙認状態。
 ・大学の進学は、ほとんどの人がしています。
 
Hさん(武蔵野千代田附属)
 ・電車を使い一時間弱です。
 ・分からないときに、先生に相談しやすい環境。
 ・行事が一年生の時から多く楽しい。
 ・PCが一人一台あり、提出物が紙要らず。
 ・親の薦めもあり、そのあと自分で調べて決めました。
 ・香道、着付け、三味線などの変わった授業もあります。
 ・内部進学は6割ほど(成績評定と先生からの評価による)
 ・自動販売機が校内に多い。
 ・バイトは禁止、停学処分もあります

Mさん(竹早高校)
 ・学校の最寄駅から少し遠いです。
 ・体育祭、文化祭など、中学校とは規模が異なります。先生はあまりそこに関わらず、生徒が主体になって作り上げていきます。
 ・私服だったので、その点も楽しめました。
 ・勉強の進みは早いので、高校に入っても基礎的な積み上げが一年から必要。
 ・校則もゆるく、生徒に自主性を求められます。
 ・朝早く起きて、言われたことをしっかりしていった。


受験前のプレッシャーにどうでしたか?
高「あまり考えすぎないようにした。」
橋「開き直る。ダメでも死ぬことはない」
村「プレッシャーは自分への期待」

受験前に役立ったことは?
高「スポーツ推薦のために、休みも身体を動かした。」
橋「塾に毎日きて、これだけはやる。ということを決めてしているうちに、楽しいと思えるようになった。」
村「早寝早起きをして、生活リズムを整えた。」

内申をあげるためには?
高「学校の補習など参加し、苦手科目にも取り組んだ」
橋「分からないときは先生に聞く。先生へのアピール」
村「提出物期限を絶対に守る」


最後に、メッセージとともに、自身の合格宣言をして終えました。

T「最後まであきらめないこと」
H「自分のすべきことを見失わないように」
M「あきらめずにがんばりましょう」

 入試まであっという間ですが、今日の時間を無駄にせずにがんばっていきましょう。

志学ゼミ
塾長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント