ガリバーブログ第147回「夏の授業風景(中1)」

皆さんこんにちは!
夏もいよいよ終わりが近付き、
新学期が始まりますね。

志学ゼミ、小中等部理数担当の飯倉です


田端で38年の実績を持つ学習塾 

志学ゼミは北区、荒川区、文京区、足立区から生徒が通塾している、地元に根付いた塾です。

志学ゼミの[[合格実績https://shigaku-zemi.at.webry.info/202102/article_26.html]]

[[成績UP実績最新版→

成績大幅アップ編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_29.html 

成績トップレベル編https://shigaku-zemi.at.webry.info/202007/article_28.htmlはこちらをご覧ください。


田端で38年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ

[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]][[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]][[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介

[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。

[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。

[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。



授業の様子です。

部活と塾の両立に慣れてきたのか、依然と比べて生徒の顔に疲労の色が見えにくくなってきています。それに比例して宿題や課題をおこなう頻度も上がっています。授業中の態度も問題なく、疲れからくる眠気で顔を伏せてしまうといった事も一回もありませんでした。

北区の中学校では、初の9教科のテストが9月の中旬に控えています。そこへ向けて、夏の宿題→テストの対策プリントの順で課題をこなし準備することを伝えています。9教科は単純に5強化よりも勉強に時間が必要になってきますので、事前の準備でどこまで時間を確保できるのか?その差が成績の差となります。その事も伝えて生徒に行動をしてもらっています。

 授業の内容です。

標準クラス:

1学期の復習を継続しています。文字式と方程式の計算のうち、分数のものは通分と分母を払うといった計算で行ってよい処理が違ってきます。その事の再確認をしていきました。

予習分では、比例・反比例が進んでいます。学校では10月相当の内容を進められています。関数に関しては、「変数」と「定数」がどの数字なのか?その違いはなんなのか?といった言葉の意味から説明して授業をしています。



発展クラス:

こちらも1学期分の復習が完了しています。先のことを進み続けると、過去のことを忘れていくのは人の性質なのでそこをフォローしています。

比例・反比例はグラフの書き方ですが方眼用紙を用いて、ひたすら書いてもらっています。これはワタシの持論ですが、「イメージの出来ないものは、解けない・理解できない」と言う考えのもとに、このグラフはどうなるかな?この二つのグラフの交点は、どうなっているかな?と言う事がイメージ出来る様に、まずは書いてもらいました。

また、その過程で一次関数のグラフの内容にも触れています。これも、「書けないものは式で解けない」との考えからしっかりと書かせています。



9月の予定です

2学期制の学校では、9教科のテストがあります。3学期制の学校に続いて、生徒にとって初のものです。時間の使い方、勉強の仕方や順番を教えて行きます。また、2学期制の学校は期末テストの後に、内申表がわたされます。わたされた内心の表は塾に持ってきて、講師に見せる様にお願いいたします。



志学ゼミ

小中学部理数担当:飯倉 雅人

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F4F

電話:03-3894-0568(代表)

HPhttp://shigakuzemi.info/index.html

お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント