受験生の心得(リラックスする方法)

画像
みんなより一足先に入試を迎えたY君にこんな話をしました。表情を見て気になると呼び止めて話します。さすがに緊張している表情がこちらからよく分かります。受験は受けて合格を目指していますが、「受けることができる」「受けさせてもらえる」ことと考えるとどうでしょうか?

「合格しなければならない」と思いつめると緊張の余り実力を出し切れなかったという声を聞きますよね。しかし、「受けれる、受験できる」と考えたらどうでしょうか?

Y君に問いかけました。「そうですね。ありがたいです。」

「そのとおり」

試験会場に向かいながら、ああ足が動く、手が動く、電車に乗れる、試験も受けれると考えるとどうだろう?この世に生を受けていること自体はどうだろう?

「忘れていました。受かろう受かろうと思っていました。試験が受けれるんですものね。自分の将来の夢に向かって受験ができるんですものね。」

「そうだよ」

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

「君をそこまでにしてくれたのは誰かな?一人で受験ができるのかな?」

「いいえ。両親がいて育ててもらったおかげです。」

「そうだね。じゃあ何といおうか」

「試験に行く前に、ありがとうございます。試験を受けさせてもらいます」と言いたいです。

「そうか」

どうしても落ち着かないなと思ったらチョコレートでも口にして常温のスポーツドリンクでものんでごらん。会場に着いたら「今日はありがとうございます」といってごらん。試験問題が配られたら両親の顔を浮かべて「ありがとうございます」と声に出してページをめくってご覧ん。

志学ゼミ田端進学教室の受験は「ありがとうございます」にはじまり「ありがとうございました」で終わります。いつのころからこれも伝統になっています。今年も何人かがすでに受験し合格を手にしています。

「はい。やってみます」

「そして試験が終わったら、おかげ様で無事試験を受けることができました」とご両親に報告することを伝えました。

受験期はある面で自分を育てる黄金期です。純粋に成れますから人の話をよく聴くことができます。受験を通して成長できる由縁であると私は思います。

話が終わると、ミラクルがこれミラクルVというドリンクなんですよ。父が買ってきてくれましたと嬉しそうに話しかけてくれました。ヨッシーも飲むといいながら差し出しました。

ありがとう。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

"受験生の心得(リラックスする方法)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント