岩野がどうやって数学を勉強したか

画像
今でこそ志学ゼミで数学を教えていますが、もともと志学ゼミに入る前までは数学が苦手でした。
中学時代のテストでも理科だけ平均点にいくかいかないかで、他の科目は全て下回っていました。

それまで数学の勉強方法といえばノートを見直したり、教科書を見直したりしていました。
今思えば、目だけで手をまったく動かしていなかったのです。

そんな勉強方法ではしっかり身に付かないし、このままの成績で中学3年生になるのもマズイなと思い始めたのは期末の結果が返ってきた、ちょうど今ごろの季節でした。
焦っていた自分の姿を見て、同じ中学の友達が志学ゼミを紹介してくれました。

面接のときに、返ってきたばっかりのテストを持っていきました。
どんなことを言われるのかとビクビクしていましたが、平均点以下にも関わらず、「よくがんばってるね」と言われたのを今でも覚えています。
まだコーチングなんてやっていなかった時代ですが、同じことを前からやっていたのですね。
面接の最後に、「君は基礎がまだできていないから、一つ下の学年の授業にも参加しなさい」と言われました。

周りのみんなに追い付くためならと思い一つ下の学年に参加し、毎日基礎的な計算を繰り返しました。
もちろんやっていたのは数学だけでなく英語も基礎からやっていました。
必要とあれば同じプリントでも2周、3周と何度も解き直しました。
今までやっていた自分の勉強方法は目だけでしたが、志学ゼミではひたすら手を動かしました。
ノートはすぐになくなってしまいました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

基礎が少しずつできるようになって、次にやっと自分と同じ学年の標準問題を解くようになりました。
しかし、ここからが大変でした。
基礎問題はほとんど解けるのに標準問題は間違えが目立ちました。

間違えたときは、自分のどこがいけなかったのか気になり、見直しを必ずしました。
式は立ててあるけどその後の計算は間違っていないかどうか。
計算ミスがあったとしたらどんな計算のときにミスをしたのか。
文章から式を考えた時に間違えがないかどうか。
単位が間違っていないかどうか。

自分がどんなところで間違えやすいのかを自分で把握して、次に別の問題を解くときはそこを意識しながら解くということをくりかえしました。
間違えた問題も、「一度直したからおしまい」ではなく、教科書に目印をつけて時間のあるときにもう一度解いたりしました。
ノートの減りも早かったのですが、ノートの使い方も今思えば凄かったです。

間違え直しに重点をおいていたので、たった一つの問題に答えが合わなければ何個も直しが続きました。
問題一つで1ページというのもざらでした。
そうやって自分のノートのほとんどは間違いなおしのページで埋まっていました。

やがて標準問題も解けるようになると、阿部先生から発展問題が出されるようになるのですが、これがまた難しいのです。
ほとんど解説なんてしないのですが、たまに出るヒントが線を一本ピッと引くだけでおしまい。
今考えてもハイレベルなヒントなんですが、そんなヒントを聞いて「あ~!」と声を上げる生徒もいるのでした。
阿部先生の出す問題で、解けなかったものはノートに書き写して家で解いたりしました。
解けたときは嬉しくて、志学ゼミに電話をしたものでした。
最近見ないですが、問題が解けたら電話するという伝統もありますね。

今でこそ数学を教えていますが、初めは間違えだらけだったのです。
間違えがあったからこそ、その後のテストで点数が上がったと今でも信じています。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

"岩野がどうやって数学を勉強したか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント