受験~序盤戦~

画像

こんにちは 左之助こと 中塚です。
先週今週の土・日曜日にセンター試験が行われ、大学受験の高校生が受けてきました。今回もまた英語のリスニングでの問題で再試験が行われたそうですが。

中学生もまた、今週の22日から24日にかけて私立高校の試験を受けに行きました。中学高校と共に受験生の初戦を各自迎えたわけです。今日現在受験した生徒は全員志学に合格を持ってきました。ホッと肩を撫で下ろす気持ちです。みんな良かった。明日以降受験する生徒も、他の生徒の合格を一緒になって喜びましょう。そういうのが回り回って自分に回ってくると口酸っぱく阿部先生がおっしゃっています。本当にそういう現象が起こるので、中学だけではなく高校生も、そして中学試験を控えている小学生も一緒になって「合格」を祝いましょう!!

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


高校受験が終わった生徒もいます。私立高校志望だった生徒です。今週に試験が終わったという生徒もいるわけです。『自分の終わったから、終わりだ~!』と思うかもしれません。そういう気持ち出てくるのは仕様がないのですが、でもクラスのみんなが受験が終わるまでは皆と同じで気持ちを切らさずにいて欲しいのが講師からの願いでもあります。みんなと共に辛かった夏期講習、冬期講習を越えてきた、いわゆる「同士」です。自分だけ良ければいいと思って欲しくないのです。そういう生徒が居ないとは思っていますが。
ですので、私立高校志望の生徒には新たにコーチングをする計画があります。高校が始まるまでまだ2か月もあります。「遊ぶ」という選択肢もしようと思えば出来ます。しかし、この志学ゼミでは、高校をただの『通過点』としか考えておりません。自分が望む『自分』になるための通過点です。自分が望む『自分』はいつの自分でしょうか?高校生ではないはずです。つまり大人、自立をした自分の時の職業なり、自分の立場だと思うのです。つまり、高校はただの通過点という考えが出来るのです。自分の望む『自分』になるために、それ相当の努力や壁・犠牲はつきものです。受験とは生きる上、自分の望む『自分』になるため一つの壁、障害だともいえます。超えてもゴールではありません。ゴールはまだまだ先です。そのために、高校に入る時間をただの「遊び」使うのか、少しでも学力を上げる努力をし、高校に入学するころには、勉強に余裕をもって迎えるかをそのコーチングでお話をするのです。コーチングで高校に入るまでの自分がやること、課題や目標を再認識できる場になってくれたいいかなと思うのです。

来週日曜の27日には都立推薦がおります。どんどん合格者が増えるでしょう。合格をした生徒、これから受験を控えている生徒。でもクラス皆の気持は一つなはずです。みんなが合格できるその日まで共に受験を、一つの壁・障害を越えていきましょう!!

講師 中塚

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

"受験~序盤戦~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント