防衛大合格から始まった一日<受けさせてもらえる。ありがとう>

画像
毎日のように高校、大学の入試、そして合格発表があります。そんな中、本人も意識していなかった合格の報告がありました。彼は次の試験のための勉強をいつものようにしていました。発表前日もいつもと変わりませんでした。

毎日が誰かが入試に行きます。受験生は朝から塾にいます。そして受験から戻った諸君に
「おかえり、おつかれ~」と誰かが声をかけます。

それぞれの気に入った場所で黙々とペンを走らせています。そして分からないところを講師に質問をします。Tくんもその一人です。

防衛大の1次を受かった。しかしたまたま受かったかのような話をします。照れ屋の彼は多くを語ろうとしません。1次合格の時も照れくさそうに「ありがとうございます」といってくれました。都立北園高校からの合格です。

朝9時半。自衛隊北支部広報課の方からの電話が私のもとにありました。早速、各講師に連絡もしました。みんな我がことのように喜びます。

合格するときはいつもそうなのですが「謙虚さ」がにじみ出てきます。そして発表のことなど忘れているかのように次の試験のための勉強に打ち込んでいるのです。

まさしく「一秒前は過去」を実践しているのです。

結果を気にしても仕方がない。次のことに気持ちを切り替える。発表を気にしても仕方がないのですがどうしても気になる。しかし今できることは次のことなのです。

ただ合格発表を待つだけになっても発表までの間に気を抜くと危なくなります。紙一重の状況の中にどれだけの人がひしめいているかはお分かりになるかと思います。

Tくんもただ、ただそれを実践していました。彼の受験はまだこれかも続きます。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング



彼の合格は良かったとみんなで言い合っていると、Yさん、Sさんの合格の報告もありました。また受験期にアドバイスをした知り合いの息子さんの合格も聞くことができました。

まさしくプラスのエネルギーは新たなプラスのエネルギーを呼んできます。

その息子さんは遠距離ですので通うことはできません。そこで世界史、英語、国語に関してアドバイスをしました。

受験に行くことは当たり前のことではない。行かせてもらえると思うのなら受験日にお母様、お父様に「受けさせていただきます。ありがとうございます」といって受験会場に向かいましょうとお話をしました。

そうしたら受験に行く日は必ずお母様、お父様にあいさつをして家を後にしたそうです。お父様は最初はなんだかぎこちなかったけれど、回を重ねるうちにこいつはえらいなあと思えるようになったとお話しされていました。

そうなのです。認めると認められた結果が出て参ります。内で認められると外でも認められる結果がやって参ります。

受験生の保護者様、大いにお子様を認めてください。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


無料体験の案内へ




"防衛大合格から始まった一日&lt;受けさせてもらえる。ありがとう>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント