新しい学年、新しい授業

画像
塾は3月から学年が変わります。時間帯曜日が変わりますが、その内容も変わります。零年年間計画は配布しますが、内容は異なります。それは教える相手が違うからです。少人数定員制の塾ならではにこだわりたいと思っています。

この子には何があつているだろうかと思いながらのテキスト選び。今年はこれをやってみようかなと思うテキスト。例年そうですが一通りすべて目を通し問題を解いてみて授業を想定して計画を練り授業が開始します。

各学年とも事前に報告してもらい質問し、想定ができないと計画、内容をやり直します。しかしながら1週間内で再調整します。自分が考えていた授業と反応、理解など分析をしてみます。

そひてまた調整をしながら新しい服を用意するように新しい授業を用意します。この時期の神経質になる第一の仕事なのです。

志学ゼミでは昨年これをやったから今年も同じという授業はありません。テキストもそうですがすべての教材から現場からの提案を優先します。もちろん納得できないものは作るしかありませんからオリジナルとなるわけです。

新しい学年に塾生がわくわくするように新しい授業にわくわくするスタッフもいます。そうでないと志学の各授業のメインははれません。

そして各自の特色を考えて授業がなされているのかどうかが課題なのです。私のコピーはいらないのです。ひとそれぞれですから。その味がまだ出てない場合は私の責任なのですね。
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


志学の新しいスタッフはどうやって決まるのか。簡単なことです。心配な諸君からドラフトします。そして面白いことに本人たちも薄々感じているから面白いのですが。

もちろん、しばらくして1年たって大丈夫と判断されればスタッフでいるかどうかは自由です。
あくまでメイン授業はしません。アシスタントですが仕事をして頂きます。

彼らにとってもまた新しい服なのです。その中にセンター196点のO君の顔もありました。そうなのです。お母様よりメールをいただきました。役に立つことがあれば手伝わせてやってください。

嬉しいお言葉でした。それ以上に、彼もまた私には気になる存在なのです。一人で歩きだすにはまだ少しかかることもあります。ひとり立ちできる顔になったときにまた私から次の話をしあちと思っています。

今は曽羽先生のアシスタントとしてコピー、印刷機の使い方を勉強します。そうなんです。そんな僕でも何か役に立つことができる。それを感じてほしいと思っています。

それは私の原点でもあるのです。

新三年生による授業終了後の掃除が始まりました。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング



"新しい学年、新しい授業" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント