無重力

画像

こんにちは、岩野です。

先日、小学生からこんな質問がありました。
「なんで無重力だと骨が弱くなるのですか?」

たしかに重力の無い宇宙に行くと骨が弱くなります。
筋肉も弱くなります。
何で弱くなるのでしょう?

筋肉の場合を考えていきます。
筋肉は使わないと強くなりません。
無重力の空間では物の重さがなくなるので、弱い力で物を動かすことができます。
大きな力を必要としなくなるため、使わない筋肉はだんだん小さくなってしまうのです。
宇宙飛行士は大変ですね。
筋肉を維持するために毎日何時間も筋トレをしなければなりません。

骨の場合も同じです。
骨は重力のある地球で体を支えるという目的があります。
骨がなかったら立ち上がれないでしょう。
骨は重い体を支える柱の役目をしています。
しかし、無重力の宇宙では体の重さが無くなってしまうので、丈夫な柱は必要ではなくなります。
そして筋肉と一緒で必要とされていないと衰えてしまうのです。

長期間宇宙に滞在した宇宙飛行士は骨粗しょう症になってしまうそうです。
宇宙に行って帰ってくるというのは本当に大変なんですね。

将来、地球に住んでいた人が月に行ったとします。
月の重力は地球の6分の1です。
重い物が軽々と持てて、きっと自分がスーパーマン(古い?)になったように感じるでしょう。

しかし逆に、月に住んでいた人が地球に来る場合は大変です。
地球の重力は月の6倍です。
自分の体重が6倍になったと考えて下さい。
起き上がれません。

普段、意識することなんてありませんが、重力があるということはそれほど人間にとって大切なのです。
人間の骨や筋肉は重力のある地球で必要だからこそ丈夫になるようにできているのですね。

筋肉は使えば使うほど強くなります。
これは脳も同じです。
脳は使えば使うほど強くなります。
アレコレと問題を考えて頭を鍛えていきましょう!


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

"無重力" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント