鉄人からのメッセージ<入試問題の解き直し>

画像
鉄人です。毎日のように大学入試が続いています。私は、毎日、受験生が持ち帰った大学入試を解いては採点結果を伝えています。

毎日、入試問題を次々に解いては、その結果を待つ受験生。

赤本で過去問は解いてはいるものの、やはり本番は別物ですし、また傾向を変えられることもよくある話です。そこで右往左往しないこととはよく言われることですが、実際にはなかなかそうはいかないものです。

試験問題を見渡しての時間配分。これがうまくいったかどうかが決め手です。過去の傾向とは違い、解釈問題が増えましたとか、文法問題が多くなってましたとか。よく聞く話です。

試験場ではあわてないこと。みんな同じ問題を解いているのですから、同じように赤本を解いて来て傾向を見ている諸君は同じように思っているのです。ですから模擬試験と同様に時間配分を決めてやりきるほかありません。

また確実に言えることは、持ち帰った問題をその日に解きなおすこと。これは大きいと思います。私は、毎日即答しますが何が間違えかをはっきりと伝えます。そうして同じ間違えをしないことを念を押していきます。塾長もよく言いますが間違えた問題、わからなかった問題をそのままにしておくと、また追ってくるのです。

また英語の得点は文系は傾斜配点のところが多いですから、本人の正解率でみていきますが、合否の目安になることは間違いないところです。

そこで言えることは、「やれた、やれた」は怖いのです。こういった問題が出まして、こういう問いにこう答えましたがどうなんでしょうかといった発言がいいのです。

英作、英訳を何が間違えで、何が正解なのかを日々意識することが大切です。

塾長の指示で社会、理科はなるべく自分で調べさせます。その方が頭に残るからです。試験当日まで「あっ、そうか」と問題に取り組んでください。

日々、誰かが受験。みんなガンバレ!

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


「ひたすら英文法」に続く「ひたすら書き換えA・B」が出来上がりました。先日Aは塾生に配布しました。「ひたすら英文法」をご使用の皆さんは是非ともご活用ください。

"鉄人からのメッセージ<入試問題の解き直し>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント