春期講習の授業風景ちょっといい話<新高3の面談>

画像
部活は引退したくない。受験はしなければならない。学校の課題は多い。そんな中、Gちゃんが飽和状態を迎えていましたのでお話を聴きました。

Gちゃんは中学まで志学に通って希望の都立高校に進学していました。部活と勉強の両立に悩みながら3年制を迎えようとしたとき志学に戻ってきました。

部活は引退したくない。かといってそれを言い訳にはしたくないけれど学校の勉強にもついていけない状態でした。学校の課題は多いしわからない。塾の課題はやらなければならない。Gちゃんは飽和状態でした。そこで少し話を聴くことにしました。

指定校で行くのか、公募推薦で行くのか、AOで行くのか、一般入試を考えているのか。本人に尋ねました。
そうすると一般入試を考えているとのことでした。やらなければならないという思いはあるのですが、何から手を付けていいのかが分からなくなったというのです。

たとえば英語の話です。Gちゃんは高校1年、2年と学校の授業にニアップアップな状態で、そのうえさらに高校の授業で入試問題で難しくするぞ、課題は多いぞいと言われて精神的にも参っていたのです。最近の課題も内容を調べてもわからずにいるとのこと。どうしたらいいでしょうか?となったわけです。

私は答えました。このままでいいとは考えていないよね。今まで学校で勉強してきたことがよくわからないうえにさらに難しいことをやっても無理ではないかということをつたえました。根柢の部分からやり直さないと、今の実力より偏差10以上上のことをやってもその場の点数は取れたとしても偏差は上がらないよとアドバイスをしました。

ではどうしたらいいのか?同じ学校の先輩に話を聴きました。彼もまた高校の英語でつまずいて志学にやってきた経路がありました。当時を振り返り、授業がさっぱわからず、課題も手を付けられる状態ではなかったことを話してくれました。課題は提出間際で友達に手伝ってもらいながらしのいだということ。そんな勉強では力はつかないなと思いながらも英語から逃げて浪人したことを話してくれました。

そして浪人して志学で鉄人と向かい合いながらようやく英語に本腰を入れ明治に受かったことを話してくれました。

学校は高1,2の基礎ができている前提でそれ以上の入試問題をぶつけてくる。しかしこちらはその基礎がないからちんぷんかんぷん。上位者に合わさざる負えないんだろうけれど、クラス授業だから仕方がなかったからほかの勉強をしたとのこと。

「もっと早く、鉄人の指示に従っていればよかった。」とつくずく話をしてくれたTくんでした。それにほそくして高校1,2年で君の通っている学校の授業で君が理解できていて、さらにそれより上のことをやるのはいいけれど、わからない授業の上に難しいのが来ても無理じゃあないだろうかという話をしました。

数か月先、あせっている姿が見えるからそういったまでです。学校のがわからないから塾に来た。それであるなら学校の授業で解決することはGちゃんには無理があるのです。

鉄人はできない子だからと言って見捨てません。彼は自分の指示にしたがって頑張れる生徒であれば大歓迎なのです。しかし実力がなく指示に従わない諸君には残念ながら成果は期待できません。

もう一度たずねました。一人でするのがいいのか鉄人についていくのがいいのか?

Gちゃんは「鉄人についてやります」ときっぱり。

それから世界史の勉強につい手も聞かれましたのでまたお話をします。単なる暗記は3日しかもたない。いまからやりかたを伝授するといってお話をしました。習っていたことのやり方を教えた後、再度担当のT君と反復をしました。

やると決めたらやる。それしかありません。それがいま君達ができることです。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


"春期講習の授業風景ちょっといい話<新高3の面談>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント