マグニチュード

画像


こんにちは、岩野です。
東北地方太平洋沖地震から一カ月以上経ちますが、未だに余震が続いていますね。
先日も授業中に地震があり、地震の苦手な生徒がハラハラしていました。

よく地震速報に震度とマグニチュードが出てきますが、震度は各地点の揺れの大きさを、マグニチュードは地震の規模の大きさを表しています。
マグニチュードが1上がるとエネルギーの大きさが約31.6倍になります。
エネルギーということはJ(ジュール)に置き換えることができます。

そこで調べてみました。
マグニチュード9.0のエネルギーの大きさを。

マグニチュード9.0≒2EJ(エクサジュール)

エクサ?

最近のパソコンのハードディスクですごいやつが1TB(テラバイト)なんてありますが、そのテラよりも大きな数字を表しています。
分かりやすく書くと、
1k(キロ)=1,000
1M(メガ)=1,000,000
1G(ギガ)=1,000,000,000
1T(テラ)=1,000,000,000,000
1P(ペタ)=1,000,000,000,000,000
1E(エクサ)=1,000,000,000,000,000,000

マグニチュード9.0はおよそ、
2,000,000,000,000,000,000J
のエネルギーというこになります。
大きそうですけどいまいち分かりにくいですね。

成人男性の一日のエネルギー必要量がだいたい2500kcal(キロカロリー)で、1cal(カロリー)≒4.2J(ジュール)なのでジュールに換算すると、10,500,000Jとなります。

成人男性約1000億人(の身体)が一日に使うエネルギーの量です。
すごいエネルギーの大きさですね。
電気で考えると日本の半年分の発電量です。


震災で大変なことになっていますが、地震のエネルギーがもし有効に使えたら資源の少ない日本にとって大きなエネルギー源になりますね。

ちなみに1分あたりに太陽から地球に届くエネルギーの総量が10EJ(エクサジュール)です。
地球は太陽から沢山のエネルギーをもらっているのですね。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

"マグニチュード" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント