鉄人からのメッセージ<日々の積み重ねとしての教科書の穴埋め問題>

画像
鉄人です。定期テストが近づいてくるにつれ、学校の教科書の内容の質問も増えています。しかし英語は出来ると高をくくり単語練習をしないととれません。そこで・・・

志学では教科書別の訳、問題をファイルした教材を用意していますが私が気になるのは教科書の単語がしっかりかけるかどうかなのです。

そこで私は各自の教科書用に穴埋め問題を作っています。中学生と違い教科書の種類が膨大にあり、またさまざまな高校から来ていますので教科書が同じだとは限りません。

しかし気になりますので、全員の穴埋め問題を作ることにしています。学生アシスタントに白抜きをさせ、印刷をして個々に手渡します。

せっかく作ってもやらないと点数には結び付きません。高1は春から英文法を指導してきていますので英文法(グラマー)は採れるのですが、リーダー(読み物)は訳せるともういいかなとなってしまいます。

これは高2生、特に理系にも言えることですが、定期テスト対策で一番遅いのが実は英語なのです。理系は自分が気になる理科、数学を優先させます。文系は社会、古典など暗記科目に走るようです。

英文法がなまじわかりますからやれるという錯覚を持ってしまうことが恐いのです。穴埋め問題をつくってもやらないと採れません。また大学入試クラスで単語力が不足していると指摘される諸君の多くは、こうういった教科書の単語を覚えていなかったことも挙げられます。

日々の積み重ねといいますが、まさにこういった手作りのものをしっかりこなすかどうかです。また訳は教科書準拠の教材に載っていますがまずは自分で訳してみることをしていないとだめです。

高3生に長文をやっていると、高1,2時代にリーダーをしっかりこなしてきたかどうかがよくわかります。

受験勉強には確かに要領は必要ですが、地道な積み重ねがないと砂上の楼閣になってしまいます。

志学ゼミでは高1,2生は月水は英文法、金は学校の英語の質問+センター攻略授業を行っています。

くりかえし、できるまで、わかるまでが志学のモットーです。

暑い夏ですが、頑張っていきましょう!

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

"鉄人からのメッセージ<日々の積み重ねとしての教科書の穴埋め問題>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント