鉄人の大学入試攻略講座No67<tillとuntilの違いとは?>

画像
鉄人です。面白い質問を受けました。英語にtill という前置詞があります。この前置詞は「~まで」という意味で、ある時点までの時間的な継続を表します。その tillと形、意味ともに良く似た until という前置詞もよく till の代りに使われます。では、この二つは全く同じ意味なのでしょうか?

F君:till と until はどう違うんですか?全く同じ意味なら、どちらか1つだけで良いハズですよね。でも、辞書を調べても till と until はほぼ同じ意味だとしか説明されていないんです。全く同じ意味の語が二つあると考えて良いのでしょうか?

私:良い質問だね。では、2つの前置詞の形の上での違いは何かな?
F君:un-です。un-は「否定」を表す接頭辞ですよね。例えば、happy「幸せな」に un-を加えると unhappy「不幸せな」という意味になりますから。でも、till に un-の加わった until は「~までではない」といった「否定」の意味は持ちませんよね。
私:うん、untilも「~まで」という意味になる。

F君:だから不思議なんですよ。ずっと分からなくて、いつか質問しようと思ってたんです。
私:日本人の悪い癖はね、一つの形には一つの意味が必ず対応すると思っている点なんだ。un-には確かに、「否定」の意味はある。しかし、それ以外の意味もあるんだ。
F君:えっ、どういう意味があるんですか?
私:till「~まで」に対して until を使うと、「~までずっと」という「継続」の意味が強くなる。ということは?

F君:ということは、un-に「継続」のニュアンスが含まれるということですか?でも、un-は「否定」であって…。
私:また、形にはまっているね。until の un-は、「否定」を表す un-とは別物なんだよ。

F君:でも、un-でどうして「継続」の意味が表せるんですか?
私:実は、until の un-は、もともと前置詞 on だったんだ。ただ、ontil は発音すると分かると思うけど、発音し難いよね。

F君:オンティル…あ、ホントだ。アンティルの方が発音しやすいですね。
私:そう、だから、un-は「否定」の意味を表す接頭辞ではなくて、元々は on だったんだ。

F君:でも、onは「接触」を表す前置詞だと先生は説明しましたよね。
私:そうだよ。いくつもの時が次々と接触し、つながって on… on… on… と続いているイメージが「ドンドン」とか「ズンズン」とかいった日本語の擬音語でも表せる「継続」を表すんだ。例えば、on and onという熟語には「ず~っと」のような意味がある。

F君:ヘー、面白いですね。なるほど、だから till「~まで」よりも untilの方が、「ず~っと~まで」と言ったニュアンスで、「継続」の意味が強調されるわけですね。
私:その通り。

高校時代には、私も「前置詞は暗記さえすれば良い」と考えていましたし、英語の教科書や参考書でも一つ一つの前置詞の詳しい説明は無く、意味と一対一で羅列されているだけでした。もちろん、onは「~の上に」という意味だと覚えていて、A fly is on the ceiling.「ハエが天井に止まっている」で使われる on は「例外」と考えていました。on and on「ず~っと」は「熟語」で、単体の on とは別物と考えて暗記していました。

ただ、このような暗記学習では「応用」がどうしても効きません。例えば、on Sunday「日曜日に」や on the second (day)「2日に」のような「日」にはなぜ on という前置詞が使われるのかは分からず、とりあえず「暗記する」しかないのです。しかし、on の原義が「接触」だと知っていれば、「『日』は前日に接触して現れる」という応用が効きます。しかも、未知の問題の中でも「『接触』関係なので、onではないか?」という類推も働くわけです。私がそれに気づいたのは、大学時代でしたが。

前置詞やイディオムに限らず、「ひたすら英文法」は、「暗記学習」よりも応用力の効く「メカニズムの理解」を重視した解説を展開しています。もちろん、これは私が高校生だった頃の「英文法参考書に対する不満足」の裏返しなのですが。

「暗記学習」を嫌った最大の理由は私が当時、理科系を得意としていたせいだと思います。「ひたすら英文法」に書き切れなかった分は著者である私が授業で「補足説明」をしています。今回の till と until の違いもその一つです。高1はこれから「ひたすら英文法」の第2回目の学習に入りますが、知識量が増えるにつれて、疑問も湧いて当然だと思います。どしどし質問して下さい。即答します。疑問点を解決することでより高いレベルの理解を目指しましょう。

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

"鉄人の大学入試攻略講座No67<tillとuntilの違いとは?>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント