大学入試攻略英語No88<「ド」日本人を脱却しようPart3>

画像
鉄人です。今夏も「ド」日本人を脱却しようです。

高校2年生のI君は、学校の課題で難し目の長文読解に取り組んでいる際に、

In international communication, misunderstandings happen.

「国際的な意思疎通では、誤解が起こるものだ。」という文の後で

They cause many problem.という文を目にしました。彼は、この二つの文のつながりがよく分からないと質問して来ました。

I君:先生、They cause many problems. は「彼らは、多くの問題を引き起こす」っていう意味ですよね。「彼ら」って誰のことなんですか?

私: う~ん、君はどうも日本人的な英語と日本語の1対1対応症候群に病んでいるようだ。

I君:はあ、どういうことですか?

私:君は英語の1つの表現には1つの日本語訳しかないと思っているのかい?They は「彼ら」の意味しかないのかな?

I君:「それら」の意味もあります。あ、そうか、they ってモノも指せるんだ。ということは、they は misunderstandings の言い換えで、They cause many problems. は「誤解がたくさんの問題を引き起こす」って意味なんだ。

固定観念でものを見ないようにね。

鉄人でした。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。




"大学入試攻略英語No88&lt;「ド」日本人を脱却しようPart3&gt;" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント