国語力は言葉から 北区荒川区の学習塾 志学ゼミ

画像
『ことばの学校』を7月に開講しました。

読書から国語力を育てます

「国語力を育てるには、何をしたらよいでしょうか。」

これまで幾度と無く質問をされてきたことでした。
半数以上の方が『読書』と答えることでしょう。

読書は国語力の基盤となる力となることは皆さんも思うところでしょう。

その読書を楽しく、そして読むだけでなく、語彙力、内容把握といった問題も抽出して学べるのです。

ことばの学校とは、
朗読音声を聞きながら本を読み、読んだ本の中から、語彙や日本語独特の表現手法を効果的に習得していくテキストを演習していく、これまでになかった学習プログラムです。本を聞いて楽しむだけのオーディオブックとは異なり、朗読音声に合わせて本を黙読していきます。朗読音声は、倍速変換専用「高速リスニング」ソフトを使って再生します。徐々に朗読音声速度を上げることで、黙読速度を上げることが可能です。わたしたちはこれを「良書多読」「速聴読」プログラムと呼びます。そして、ただ単に「速く読める」ことを目的とするのではなく、良書の中から、生きた日本語の語彙、表現を効果的に習得していく独自開発教材によって、内容理解力(=読解力)を深めていくことも目的としています。読書を楽しみながら、より効果的に日本語力の伸長につなげる、これまでにない、はじめてのプログラムなのです。【ことばの学校HPより抜粋】

http://shigakuzemi.info/

"国語力は言葉から 北区荒川区の学習塾 志学ゼミ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント