can と be able toの違いってありますか? 中学生からの質問です

画像
こんにちは。講師の芳賀です。

今日は、中1の英語の授業風景からです。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの芳賀です

田端で35年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

田端で35年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

今中学1年生の英語の授業では、「can」の用法を重点的に学習しています。
「can」の意味は「~できる」という意味ですね。中学1年生はここで初めて助動詞の勉強をします。
I can play tennis. は「I am able to play tennis.」と書き換えることができるのです。
どちらも「私は、テニスをすることができる。」という意味ですね。中学生にはどちらの書き方をしても意味は同じですと教えています。しかし、実際は少し違うのをご存じですか?

実は、「I can play tennis.」は「私はテニスができる」と言っているだけで実際できるかはわからない状態なのです。つまり、テニスというものはどのようなものかわかってるよといった言い方なのです。

「I am able to play tennis.」というのは、「able」という単語の中に「可能」という意味が含まれているので、実際に私はテニスができるということが証明されている状態なのです。つまり、「can」よりも「be able to」のほうがより強くできるということを強調しているということなのですね。

もちろん、中学生にはここまでの説明はしません。どちらの書き方で解答して、日本語訳をしたとしても正解にするのですが、このようなことを覚えておくと英語の楽しさがひろがりますよね。

もっと、生徒たちに英語の楽しさを伝えられたらなと思って、日々英語の勉強に励みたいと思います。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

"can と be able toの違いってありますか? 中学生からの質問です" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント