都立入試に向かって最後までやり抜こう

DSCN9589 (1).JPG都立の大問シリーズを進めています。

今月はシンプルにやる事を絞っています。塾に来て行うこと大問1~3の練習と、ノルマの数学による解法パターンの確認の2つにとどめてあります。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの飯倉です。

田端で36年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

とにかく塾に来て、大門の練習をして、パターンの解法確認とその場でやるトライで解法の練習を進めて行きました。毎回時間を決めて大問は練習させています。

都立の大問①は全部で46点の100点中の半分弱詰め込まれているので、満点もしくは一問間違いで押さえておきたいところです。そのためには、練習あるのみ!

また、自分の到達目標点も必ず意識しておきましょう!例えば60点平均が必要で、数学が70点だったら、苦手な理科は55点でも良い等の事も考えておきましょう。

得点の意識があれば、一問の重みも感じやすくなるでしょう。ハングリーさを出して問題を解くことも必要です。そして何よりも、それを共有できる仲間がいれば、なによりも良い事でしょう。

私事になりますが志学で共に中学受験をして、大学受験も経験した友人の一人は今も付き合いが続いています。こういった仲間と勉強するためにも、毎回出席して、大問①~③の練習をしておきましょう。

1月,2月は新しいことをやると言うよりも、今持っている知識をどう活かすかに全力を注ぎました。ノルマのパターンの図形や確率の問題をこなすうちに、解法のすごさに気付いて解説中に「おー、すごい!これってそういう意味だったのか!」という感嘆の声を1月に入ってから良く聞くようになりました。

その発見と驚きこそ数学の醍醐味です。全員ではありませんが、その感覚が伝わった生徒がでただけでも嬉しいものです。その嬉しい記憶と一緒に数学の内容もあたまに深く刻まれます。なるべく多くの生徒に、出来るだけたくさんの回数この体験をして、楽しく数学が学べるようにしていきたいですね。(飯倉)

さて、今月はさらに得点を伸ばすべく立体図形の問題も攻めていきました。まだまだ感覚の掴めていない生徒もいますが出来る事は全部やっていきます。入試のその日まで油断なく授業を行っていきます。

発展クラスは、ノルマの数学に加えて塾長が選んだ良問を個別に進めていただきました。やって出さないと先に進めません。

ノルマの数学は難関校編に入っています。高校数ががどんどん出てきます。

難問に頭をひねりながら先に進めました。かなりレベルの高い問題も含まれます。

高1,2レベルの問題も入っています。こういった問題を多くこなしておくと都立入試が簡単に見えます。そして間違え直しを課題として出してあります。

間違えた問題をしっかりやり直して同じ間違えをしないように心がけましょう。放っておくとまた同じような問題が追っかけてきますよ!

写真は塾長のコメント付きの鉛筆を手渡しているとこです。

田端で36年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

"都立入試に向かって最後までやり抜こう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント