テーマ:大学入試攻略英語

鉄人の大学入試攻略英語N73

前回に引き続き。僕はどの大学の英語が取れるの?です ほとんどの受験生は「国語型」か「文法型」です。「国語型」は中学時代に英語が得意で、自分の持っている日本語の「常識」に照らして英語に取り組みますので、高校で学習する文法は無視します。高校の文法学習をサボった人に多く、文法力が低いのが特徴です。 これに対し「文法型」は、国語力こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語NO72<ぼくはどこの大学の英語ならこなせるの?>

ぼくはどこの大学の英語ならこなせるの?と言う話が出てくる季節です。 12月に入ると、受験生は自分の受験する大学の決定の段階に入ります。志学ゼミでは、4段階の受験大学設定をアドバイスします。 自分が一番行きたい大学は、希望大学、もう少しの努力で手が届きそうなのが目標大学、現在の実力で何とかなりそうなのが現状大学、そして滑り止め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語行楽講座No72<受験英語攻略には、まず文法攻略ありき!>

鉄人です。今回は受験英語攻略には、まず文法攻略ありき!です。  高校生の英語の年内達成目標課題が、決まりました。高1生は英文法の基礎問題集(リード問題集A問題)の「通し」、高2生は英文法のセンターレベル問題(リード問題集B問題)と慣用表現(英頻(赤)の1章)の「通し」、受験生は、慣用表現およびイディオム(英頻(赤)1、2章)の「通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No71<関係代名詞は「理屈」で見抜く!>

鉄人です。今回は関係代名詞は「理屈」で見抜く!です。 高校1年生は、「ひたすら英文法」で高校英文法全体を9月までに一覧しましたので、現在、練習問題を通して、その肉づけを行っています。英頻(緑)がその肉付け用の問題集で、これを通せば、センターレベルの英文法問題なら難なくこなせるようになるハズです。ただ、この英頻(緑)を進めて行く中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語対策講座No70

鉄人です。前回に引き継き、日本人の勘違いについて授業からおつたえします。 同様の勘違いが、現代の高校生達の間でも頻繁に見られます。高校1年生のNさんは、英作文の問題で、「私は、列車の中に傘を忘れた」をI have forgot my umbrella in the train, のように訳しました。以下は、それを見た時の私とNさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試対策講座No69<「ド」日本人を脱却しよう>

鉄人です。本日は「ド」日本人を脱却しようです。 英語教育が一般大衆のものになってから1世紀程になりますが、英語は今でも日本人にとって「難しい外国語」です。中学1年生から英語を学習した大人達の中の一体何パーセントが満足に英語を操れるでしょうか? 何年も英語を学習したはずなのに、英会話スクールが日本の至るところにあり、英会話教材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略講座68<」英作ことはじめ>

鉄人です。涼しい秋がやって来ました。学習に最適の季節です。毎年のことですが、秋は受験生には思考力をつける授業を進めています。特に9月から開始した「英作文」は英語力だけでなく、「ものの考え方」を養うのに非常に役立つと考えています。 入試(特にマーチレベル以上の私立大学や国立の2次試験)で「英作文」が必要な受験生にとってはもちろんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略講座No67<tillとuntilの違いとは?>

鉄人です。面白い質問を受けました。英語にtill という前置詞があります。この前置詞は「~まで」という意味で、ある時点までの時間的な継続を表します。その tillと形、意味ともに良く似た until という前置詞もよく till の代りに使われます。では、この二つは全く同じ意味なのでしょうか? F君:till と until はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No66<onの使い方>

鉄人です。本日はonの使い方について考えてみましょう。9月の英文法の授業では、高1生は夏の間に終わらなかった「ひたすら英文法」の最終章(22章)を初旬に行い、それからまた第1章に還って、総復習として2回目を開始します。 「ひたすら英文法」の最終章は「前置詞とイディオム」です。前置詞(in「中に」、to「~へ」、from「~から」等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No65<「ここ」は「そこ」、「これ」は「それ」>、

鉄人です。本日は「ここ」は「そこ」、「これ」は「それ」、「明日」は「その翌日」?です。  高等部の英語は、夏期講習中の達成目標が学年別に異なりますが、「知識の定着」という面では共通しています。平常授業では、なかなか時間がとれない英文法の項目を夏の間に集中して学習してもらい、その知識を定着させるために、「やり切るもの」を用意しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No64<正誤問題の重要性>

鉄人です。本日は生後問題の重要性です。 センター試験ではまだ出題されたことがありませんが、私大の一般入試等で頻出するタイプの問題があります。一つの英文が与えられ、その文の間違っている箇所を指摘する問題で、一般に「正誤問題」と呼ばれているものです。以下はその一例です。 ,One of the three books belon…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No63<英語の「ア」は5種類ある>

鉄人です。今回は、<英語の「ア」は5種類ある>です。 志学ゼミ高等部では、毎月センター模試を実施しています。センター試験は大学受験の登竜門とも言うべきもので、国公立大学受験には必須ですが、ほとんどの私立大学もセンター試験の成績で合否を決める受験方式を提供しています。志学ゼミ高等部は「大学進学」を目標にしていますので、高校1年の段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No63<「たぶん」や「おそらく」に段階はあるの?>

今回は「たぶん」や「おそらく」に段階はあるの? 高校1,2年生は、6月中旬以降、7月初旬に実施される期末テスト対策期間に入ります。2学期制などで期末テストが夏休み以降に持ち越される学生達には平常授業を行っていますが、大半の3学期制の学生達には学校のリーダー(英語I)の単語穴埋め問題、ワーク、総合問題を進めながら、質問に答える形式を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No62<嫌うの使い方>

高校1年生は、学校から渡された単語集等で中学では見たこともない単語を目にしては、よく質問して来ます。特に、同じような意味を持つ一連の単語の意味がどう違うのかについての質問が多く、今月も英語に興味のあるF君と以下のやりとりをしました。 F君:英語には、「嫌う」という意味の動詞がたくさんありますよね。例えば、hate と dislik…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No61<仮定法の書き換えに気をつけよう>

鉄人です。本日は仮定法の書き換えに気をつけようです。 高校2年生は、1年生の間に2回転した「ひたすら英文法」で蓄えた知識を試すべく、大学入試問題を抜粋したテキストを使っています。ただ、英文法の参考書件問題集(「ひたすら英文法」)を2回転したとはいえ、問題演習を積み重ねければ、折角持っている知識もなかなか使えないのが現状です。ですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語60<えっ、studying は動詞じゃないの?>

鉄人です。東北・関東大震災にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。大学入試攻略英語本日は、えっ、studying は動詞じゃないの?です 高校1年生の初期に学習する文法項目の1つに「品詞」があります。「動作、状態を表し、『~する』、『~である』のような意味を持つのが動詞」、「主語、目的語、補語になり、『~すること』のような意味を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法59<A+名詞+of とthe+名詞+of はどう違うか?>

鉄人です。本日はA+名詞+of とthe+名詞+of はどう違うか?です。 高校2年生は、夏から英頻(青)を通して私大初級レベルの英文法を学習して来ました。ただ、1年生の時もそうでしたが、英文法を項目別の(例えば、「関係代名詞」の課では「関係代名詞」のみを扱う)輪切りの知識を蓄積して来た感がいなめません。 というのは、総合問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No58<乗り物と道、どっちが take?>

鉄人です。今回は乗り物と道、どっちが take?です。 英文法で最もやっかいなものの一つに「特殊構文」があります。「『特殊構文』の何が『特殊』なのか?」と質問されると、日本語には無いような「英語特有の表現」だからと答えるしかないでしょう。 つまり、英語的思考を身に付けるには大切な文法事項なのですが、我々日本人の思考のベースは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法No57<ぼくはどこの大学の英語ならこなせるの?>

ぼくはどこの大学の英語ならこなせるの?と12月に入ると、受験生は自分の受験する大学の決定の段階に入ります。志学ゼミでは、4段階の受験大学設定をアドバイスします。 自分が一番行きたい大学は、希望大学、もう少しの努力で手が届きそうなのが目標大学、現在の実力で何とかなりそうなのが現状大学、そして滑り止めです。現役合格が前提ですので、段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法56<英語力は国語力>

教育界では、かなり以前から国語力の低下が嘆かれています。今回は英語力と国語力の話です。 国語力のない子供が成長すると自力でレポートもかけない大学生になり、報告書をまとめられない新入社員になるため、社会への影響も軽視出来ません。しかし、国語力と一言で言っても様々な能力を含みます。常識力、要約力、読解力等等、挙げればきりがありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学英語攻略法56<英作文>

9月から開始した「英作文」は英語力だけでなく、「ものの考え方」を養うのに非常に役立つと考えています。入試(特にマーチレベル以上の私立大学や国立の2次試験)で「英作文」が必要な受験生にとってはもちろんですが、不必要な受験生にとっても得るところは大きいと思います。 ただ、一言で「英作文」と言っても、様々な種類があります。語句を並べ替え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語53<受験での英文法の重要性>

鉄人です。今日は受験での英文法力の重要性についてお話をします。  夏期講習から8月の集中授業に渡って、高等部の英語は「英文法」関係の何らかの通しを学生達に課しました。高1生は「ひたすら英文法」の完成と「ひたすら例文289」の通し、高2生は「英頻(青)」(日東駒専レベルの英文法)の通し、受験生は「英頻(赤)」(マーチレベルの英文法)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語52<正誤問題の重要性>

鉄人です。今日の大学入試攻略英語は「正誤問題の重要性」です。 センター試験ではまだ出題されたことがありませんが、私大の一般入試等で頻出するタイプの問題があります。一つの英文が与えられ、その文の間違っている箇所を指摘する問題で、一般に「正誤問題」と呼ばれているものです。以下はその一例です。 ,One of the three …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法51<「ここ」は「そこ」、「これ」は「それ」>

鉄人です。大学入試英語攻略法。本日はは「ここ」は「そこ」、「これ」は「それ」、「明日」は「その翌日」?です  高等部の英語は、夏期講習中の達成目標が学年別に異なりますが、「知識の定着」という面では共通しています。平常授業では、なかなか時間がとれない英文法の項目を夏の間に集中して学習してもらい、その知識を定着させるために、「やり切る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法50<Very Little>

Very little は「ほんの少し?」それとも「ほとんど無い?」 Sさん:この英文は、先生がよく話すアメリカ文化と日本文化の違いですよね。 私:というと? Sさん:アメリカ人の会話は、テニスの試合でボールを打ち合うように相手と意見を交換するのに対して、日本人の会話はボーリングの試合のように自分の話す順番を待っているって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法49「たぶん、おそらく」に段階はあるの?

鉄人です。今回の大学入試英語攻略法は「たぶん」や「おそらく」に段階はあるの? 高校1,2年生は、6月中旬以降、7月初旬に実施される期末テスト対策期間に入っています。2学期制などで期末テストが夏休み以降に持ち越される学生達には平常授業を行っていますが、大半の3学期制の学生達には学校のリーダー(英語I)の単語穴埋め問題、ワーク、総合問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法48<英語の「嫌う」はどう使い分けるの?>

英語の「嫌う」はどう使い分けるの? 高校1年生は、学校から渡された単語集等で中学では見たこともない単語を目にしては、よく質問して来ます。特に、同じような意味を持つ一連の単語の意味がどう違うのかについての質問が多く、今月も英語に興味のあるF君と以下のやりとりをしました。 F君:英語には、「嫌う」という意味の動詞がたくさんありますよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法47<英語の「読解力」を実力アップするには>

こんにちは、鉄人です。今回は<英語の「読解力」を実力アップするには>について書かせていただきます。 志学ゼミでは、高校1年生から、毎月のセンター模試に参加してもらっています。もちろん、センター模試の主役は受験生で、1、2年生はセンターの出題形式への慣れと文法、語法の知識のチェックが中心です。 しかし、受験への意識の高い塾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法46<仮定法のウソとその書き換え>

高校2年生は、1年生の間に2回転した「ひたすら英文法」で蓄えた知識を試すべく、大学入試問題を抜粋したテキストを使っています。ただ、英文法の参考書件問題集(「ひたすら英文法」)を2回転したとはいえ、問題演習を積み重ねければ、折角持っている知識もなかなか使えないのが現状です。ですから、様々な形式の書き換え問題に挑戦してもらう必要があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法45<接続詞 that って、そんなに重要?>

こんにちわ鉄人です。本日は接続詞 that って、そんなに重要?です。 塾内では毎月センター模試を実施しています。高校生は1年生から受験生まで、マークシート方式の対策学習を行っていますので、読解力は少しづつ上がっています。 ただ、第2問の文法/語法問題は、知識を要求しますので、おいそれとは得点アップしません。「ひたすら英文法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more