テーマ:大学入試攻略英語

鉄人の大学入試英語攻略法44<can の否定形には、なぜ can’t と cannot があるの?>

いよいよ新学年スタートですね。大学入試を終えた諸君からTOEICについての勉強法の質問を受けました。大学入試も通過点ですね。本日はcan の否定形には、なぜ can’t と cannot があるの?です。 英語の助動詞の否定形には短縮形があるのが普通です。例えば、do not は don’t、must not は mustn’t …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略法43<乗り物と道、どっちが take?>

鉄人です。乗り物と道、どっちが take?の話をお伝えします。 英文法で最もやっかいなものの一つに「特殊構文」があります。「『特殊構文』の何が『特殊』なのか?」と質問されると、日本語には無いような「英語特有の表現」だからと答えるしかないでしょう。 つまり、英語的思考を身に付けるには大切な文法事項なのですが、我々日本人の思考の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法42<comeとgoの違いについて>

鉄人です。今日はcome と go はどう使い分けるか?です。中学生からの質問のようですが実は高校生もよくわかっていない場合が多いのです。 英語圏の家庭では、食事の時間に母親が Dinner is ready.「夕食が出来たわよ」と言って息子を呼んだ場合、息子は I’m coming. と答えるのが普通です。しかし、この I’m …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO32「例文暗記は英語力アップにどうつながるの?」

今日は暗記しなければならないことは分かっていてもなかなかできないんだよねという諸君へ。ひたすら英文法の有効利用とともにお伝えします。  高校1年生の年内目標の一つに、「ひたすら暗記289」の完成があります。1年間を通じて学習してきた「ひたすら英文法」(現在、2回目で、授業では22章中の13章を進めています)の各章の最重要文法項目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO30「過去完了」はどんな時に使ったら良いの?

鉄人です。本日は「過去完了」はどんな時に使ったら良いの?です 夏期講習、8月集中授業で「ひたすら英文法」の基礎問題(ひたすらA)を一通り終えた高1生は9月から基礎問題を復習しながら、標準問題(ひたすらB)を進めています。 つまり、「ひたすら英文法」の学習も2周目に入ったわけです。英文法を始めたばかりのころはただ解説を聞きなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO29<Sick とDisease どっちも「病気」だけど、全く同じ意味?

秋ですね。インフルエンザが流行っていますがみなさんは大丈夫ですか 今回は鉄人の大学入試英語攻略法NO29Sick とDisease どっちも「病気」だけど、全く同じ意味?です。 受験生の授業で扱っているせいか、最近高校2年生の達でも一部の学生たちの間で「速単」の自主学習がはやっています。 英単語の学習を進めていくと必ずぶち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO28「「あ」の発音はどうやって見分けるの?」

鉄人の大学入試英語攻略法NO28「「あ」の発音はどうやって見分けるの?」 2007 年度から英語のセンター試験は大幅に改訂されました。そのため、受験生は新傾向のセンター試験に慣れるため夏から対策学習を続けています。 変更された項目の中に第1問「発音、アクセント」があります。第1問はこれまでは単語のアクセント問題だけだったのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO27「センターテストの得点アップのためにまだやれることは??」

鉄人の大学入試英語攻略法NO27「センターテストの得点アップのためにまだやれることは??」先輩のドラマを追って自分の姿を想像してご覧ん。写真は授業後に単語、塾後の勝ち抜けテストをおける塾生。  1月17、18両日はセンター本試の実施日です。志学ゼミの受験生達も、この日を意識して、2ヶ月ほど前から白版に「センターまで○日」とカウント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO26「英頻はセンターの得点アップにつながるのか?」

鉄人です。今回は「英頻はセンターの得点アップにつながるのか?」です。  高校2年生の年内目標の一つに、「英頻の通し」があります。英頻は大学入試の英語に「頻出」する構文、文法、語法、イディオム、会話表現等をまとめたものです。高等部では、「ひたすら英文法」で、基礎文法をある程度身につけた後、文法、語法力を大学入試レベルまで高めるために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO25「例文暗記は英語力アップにどうつながるの?」

こんにちは鉄人です。鉄人の大学入試英語攻略法NO25「例文暗記は英語力アップにどうつながるの?」 例文暗記は英語力アップにどうつながるの?という質問を受けました。  高校1年生の年内目標の一つに、「ひたすら暗記289」の完成があります。1年間を通じて学習してきた「ひたすら英文法」(現在、2回目で、授業では22章中の13章を進めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法24「英文和訳の必要性」

夏も終盤戦・受験生諸君頑張っていますか?鉄人です。鉄人の大学入試英語攻略法NO24「英文和訳の必要性について」です。さあ本日も話しますよ。 高校1、2年生は通常月は毎週金曜日、学校の英語の予習、定期テスト対策を行っています。英文法(グラマー/ライティング)は月曜日、水曜日の文法授業で定期テスト対策はほぼ間に合うのですが、リーダー(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO23「あ」の発音について」

こんにちは鉄人です。受験生諸君、がんばってますか。本日は鉄人の大学入試英語攻略法NO23「あ」の発音について」です。 2007 年度から英語のセンター試験は大幅に改訂されました。そのため、受験生は新傾向のセンター試験に慣れるため対策学習を続けています。変更された項目の中に第1問「発音、アクセント」があります。第1問はこれまでは単語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法No22<完了形について>

こんにちは鉄人です。受験生諸君、がんばってますか。今回は鉄人の大学入試英語攻略法NO22「完了形について」です。 私:「Bさん、次の間違い訂正問題のI have studied English for three years when I was in America.は 『私はアメリカにいる時、3年間英語を勉強した』という意味…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略法NO21高校1年生より「英検の面接はどう準備したら良いの?」

こんにちは鉄人です。今回は鉄人の大学入試英語攻略法NO21高校1年生より「英検の面接はどう準備したら良いの?」です。 最近 A君が英検の準2級の1次試験(筆記)に合格しました。自信満々で「2次試験(面接)なんか問題ないよ」と言っていましたが、色々話して行く内に「英検の2次試験準備」についての相談のようになりました。以下はそのやりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略講座No20「仮定法はどうして過去を使うの?」

こんにちは鉄人です。受験生諸君頑張っていますか?今日の鉄人の大学入試英語攻略講座は「仮定法はどうして過去を使うの?」です。 高校1年生は夏期に既に1度学習しましたがまだ理解が十分でない「仮定法」の復習を英文法の授業で行いました。仮定法は If「もし」という接続詞を使えば仮定法だと思っている高校生が多いのですが、実は動詞/助動詞の形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略シリーズ19<私立大学対策について>

今日は鉄人です。今回の鉄人の大学入試英語攻略講座No19は「私立大学対策について」です。 受験生は私立大学入試問題対策を行います。できるだけ易しいレベル(特に文法問題が多いもの)からスタートし、次には MARCH レベル、秋には最難関私大や国立大学の2次試験までレベルアップしていくつもりです。 先日、日本大学を扱った際ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略シリーズ18<「英文を読める量を増やすためには>

こんにちは、鉄人です。夏本番になってきましたね。今回は「英文を読める量を増やすためには」を紹介します。 高校2年生は月、水曜日の英文法授業の後でセンター問題の対策授業を毎回行っています。2007年より英語のセンター試験は出題傾向が変わりましたので、新傾向の問題に慣れてもらうための試みです。 新傾向では特に「読む量」が増え、速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語17<句と節>

こんにちは鉄人です。鉄人の大学入試英語攻略講座No17「句と節」のお話をします。 高校1年生の月、水曜日の授業は英文法を中心ですが、「句と節/文の書き換え」についてのお話をします。「分の書き換え」に入る前に知識の確認が必要です。また、確認した知識は英頻の問題演習でスキルとして定着させていきます。基礎事項を確認すると、実際、クラスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語16「高校英文法はなぜ必要なのか」

今日は「高校英文法はなぜ必要なのか?」についてお話します。実は私も英文法が苦手だったのです。写真は先輩の合格を見上げる高校三年生。 私は現在、志学ゼミの高等部で英語の講師をしていますが、高校時代、英語で1番困ったのは英文法でした。こう申し上げると、不思議に思われる塾生諸君が多いかもしれません。 私の授業は高校1年生から文法中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略講座15「英単語の効果的な学習法」

今回の鉄人の大学入試英語攻略講座No15は「英単語の効率的な学習法」です。 今回は塾長と私と塾生の対話です。。塾長自作の「ひたすら暗記シリーズ」からの例文暗記(5文くらいずつ)を塾生に問いかけました。先日こんな問いかけがありました。 塾長:「I am sure that he will succeed in the entr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略講座14<過去完了の使い方>

鉄人の大学入試英語攻略講座No14「過去完了形の使い方」 英文法の基礎は一通り終わっているはずの高校二年生ですが、毎年の様に質問が出るのが、時制です。 英語の講師である私(水谷)も学生時代、英語の複雑な時制の表し方および、各時制の区別について悩まされました。英語の時制が難しい最大の理由は日本語のそれと多いに違う点にあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略講座No13 <関係代名詞のthat は、どんな場合に使うのか?>

文法の授業の中で、「関係代名詞」を扱いました。関係代名詞は、名詞を仲介して、二つの文章をつなげる機能を持つ代名詞です。例えば、This is a boy.「こちらは少年です」と He has a good camera.「彼はカメラを持っています」をつなげるには a boy と He が同じ人ですから、次のようにすると一文になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試英語攻略講座No12<夢の話?現実の話?>

 I can but dream of the still loveliness of the bloomed valley.「リンゴの花が咲いている谷の静かな美しさは夢見ることしか出来ない」って「夢の中の話」?それとも「現実の話」? 受験生は1、2年で培った英文法力を長文で活かすために長文、速読に加え、英文解釈を授業に取り入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No11<「知っている」とthink「思う」は疑問文の形がどうして違うの?>

鉄人の大学入試英語攻略講座No11know「知っている」とthink「思う」は疑問文の形がどうして違うの? 高校二年生は英文法の基礎は一通り終わっていますので、その復習と応用が授業の中心になります。目標は、例えば標準クラスではセンター試験レベルで文法/語法項目は8割が取れるようにすることです。ただ、基本的な理解があやういのが目につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試行楽英語No10<自動詞と他動詞の見分け方>

みなさんこんにちは志学ゼミ高校部英語担当講師の鉄人です。今日は「自動詞」と「他動詞」についてお話しします。 高校1、2年生は金曜日、学校の英語の質問、学習時間を設けています。中間テスト対策もあり、金曜日以外にも対策用の補習をしました。 高校1年生のA君、S さんの学校では英語の文法授業がとてもマニアックです。教えている先生方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略法No9<冠詞について>

高校生は金曜日が学校の英語の質問日になっており、教科書の本文訳を進め、暗記した単熟語を水谷自作のチェックシートで確認し、まとめの総合問題に進む段取りで授業を進めています。この間、次のような興味深い質問を受けました。 Oさん「The book is costly「この本は高い」では book に theがつくのにどうして This …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more