テーマ:大学入試攻略英語

鉄人の大学入試攻略英語No106

I will finish it と I will have finished it の違いについての質問に答えました。 高校2年生は、計画としては、受験用高校英文法の基礎である「ひたすら英文法」を2回転し終え、培った知識を活用できるように演習を進めている段階です。 ただ、理想としての計画とは裏腹に、その通りには進んでいない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No104「象の鼻は長い」を英語にすると

「ゾウは、鼻が長い」を英語にすると? 私:「ゾウは、鼻が長い」を英文にしてごらん。 F君:An elephant has a long nose. ですよね。 私:正解だが、君は正確に英訳したことにはならないね。 F君:えっ、どこか間違っていますか? 私:君の作った英文は正しいが、正確な英訳ではないと言ったんだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略講座No102 高1からセンターレベルの模試を受ける意味

志学ゼミ高等部では、毎月1度塾内センター模試を行っています。高1から受験生までの全員が受験することになっていますので、下剋上(学年の下の者が上の者より高得点をとること)も可能です。 高1生も春期講習から、塾内模試に参加してもらいました。講習中にセンター試験の出題傾向についての説明や実際の問題演習を行ったものの、初回の受験でしたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No100 「中学英語と高校英語の違い」

今回は中学英語と高校英語の違いです。 新しく高校に進学された高1生の諸君、入学おめでとう。ただ、入学早々耳の痛い話かもしれませんが、高校の英語は、中学の英語とは量も質も異なります。覚えるべき知識は増え、学習内容はかなり難化します。 しかも、ただ黙々と学習して覚えるだけでは身に付かず、「勉強しているはずなのに、学力が上がらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No98「助動詞」についてPart2

鉄人です。前回に引き続き助動詞の話です。 英語は文科系の科目であるため、教える教師も英文法の参考書の執筆者も文科系的思考をしているため、物事の理屈や法則には疎いのでしょうか?少し前に、高校1年生から「should は shall の過去形なのに、なぜ現在の意味しかもたないのか?」を質問されました。以下は、そのやりとりです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語N097「助動詞について」Part1

鉄人です。今日は助動詞の話。学生時代から私もそうでしたが、英語の「助動詞」はどう覚えたらよいのか悩んだものです。 英語の「助動詞」といえば、can、may、must、should などがその主なものですが、まず、その定義がはっきりしません。「助動詞は動詞に意味を加え、助動詞に続く動詞は原形にする」と学校で教わった記憶がありますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・北区・田端・集団・個別指導/鉄人の大学入試攻略英語No96「難しい問題をやることの効用?」

鉄人です。今回は難しい問題をやることの効用?です。 9月~11月の受験生の授業は、私立大学入試、国立大学2次試験対策が中心です。受験生の発展クラスでは、9月中にGマーチレベルの入試問題演習を終え、10月からは早慶上智大学レベルの入試問題の解説授業に入りました。現在、慶応大学SFC(湘南藤沢キャンパス)(環境学部)の長文を扱っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語NO95 ワセプレ

6月から本格的に早慶上智レベルの問題に挑戦してもらうため、希望者のみに「ワセプレ」を受けてもらいました。 「ワセプレ」とは、早稲田大学受験プレテストの俗称で、代々木ゼミが早稲田大学受験志願者を対象として、年に3回実施される模擬試験です。過去に実施されたワセプレは書店でも販売されていますので、それを利用して、志学生にも早稲田大学入試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試対策講座No95<英語が使えるようになるにはどの学部を選ぶべきか?>

英語が使えるようになるにはどの学部を選ぶべきか? 「国際化」という言葉を耳にするようになって、30年ほどになるでしょうか? 私の学生時代にも、もうすでに「国際化」が叫び始められていました。当時は、テレビに東京外国語大学、上智大学、国際基督教大学、青山学院大学等が出身大学のいわゆる英語ペラペラを売り物にする女子アナが台頭してき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試攻略英語No94ひたすらから次のステップへ

さあ、4月、新学期です。高2生は、1年生の最初から継続して授業を行ってきた「ひたすら英文法」の2回転目が、ちょうど終わりました。 新学期からは1ランク上のレベルのB英文法問題集による英文法の演習授業が始まります。 鉄人は、基礎的な英文法と受験レベルの英文法はどう違うのでしょう?両者の違いは、単に難易度や出題形式の特殊性に限ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人の大学入試対策講座No93<未来進行形>

新高1生の英語の授業は3月に開始しましたが、春期講習では1学期に高校でカバーするであろう英文法の先取り学習を続けました 鉄人著の「ひたすら英文法」を毎回解説し、付随する問題を宿題としてやってもらう形式で授業を進めています。3月から春期講習末までに、1.文の種類、2.文型、3.基本時制、4.完了時制、5.受動態、6.助動詞を授業でカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No92「英単語の授業は必要か」PART1

鉄人です。今回は、英単語の授業は必要か?です。 鉄人の授業の一環として、「速読英単語」の授業があります。高1生、高2生、受験生を通して行っていますが、「中学生じゃあるまいし、高校生なのだから、英単語くらい自分で覚えられないのか?」と思われるご父兄の方々もいらっしゃるのではないでしょうか?私(鉄人)は、英単語の授業は、現在の高校生に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No91

鉄人です。今回も前科に引き続き英文法を克服せよです。 「ひたすら英文法」はあくまでも、高校生を受験に導く水先案内であって、「ひたすら英文法」を理解してからが、本格的な受験英語の攻略なのです。高2生や受験生の年内目標にある「慣用表現」の「通し」がその良い例です。 鉄人の授業では扱ったものの、復習して覚えるためには、もう一度英頻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No89<「ド」日本人を脱却しようPart4>

鉄人です。「ド」日本人を脱却しようPart4です。 受験生のA君は、センター試験の実践問題に取り組んでいた際、Why not? という表見に出くわし、面食らいました。 A君:先生、会話の問題で、誰かが Can you come?「来ることが出来ますか?」と質問したら、それに Why not? って答えることなんて出来るんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No88<「ド」日本人を脱却しようPart3>

鉄人です。今夏も「ド」日本人を脱却しようです。 高校2年生のI君は、学校の課題で難し目の長文読解に取り組んでいる際に、 In international communication, misunderstandings happen. 「国際的な意思疎通では、誤解が起こるものだ。」という文の後で They cau…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No87<「ド」日本人を脱却しようPart2>

鉄人です。今回は「ド」日本人を脱却しようPart2です。 How are you? と聞かれると、自動的にI’m fine thank you.と答えるのだと中学生時代から教えられる日本人が、病院で医師がHow are you? と言った時にも、I’m fine thank you. と答えてしまったという笑い話もあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No86<「ド」日本人を脱却しようPart1>

鉄人です。今回は「ド」日本人を脱却しよう です。 英語教育が一般大衆のものになってから1世紀程になりますが、英語は今でも日本人にとって「難しい外国語」です。中学1年生から英語を学習した大人達の中の一体何パーセントが満足に英語を操れるでしょうか? 何年も英語を学習したはずなのに、英会話スクールが日本の至るところにあり、英会話教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No86「イディオム知識の重要性」

鉄人です。高3生に入って志学の門をたたかれた諸君は知識面での不安があります。 確かにそれまで高校に通っており、英文法、英語語法、イディオム、慣用表現の英語の知識は学校で学習してきたはずなのですが、定期テスト用の輪切りの学習を続けて来た結果、英語の知識全体の定着度は非常に低いのです。 そのため、1学期の内に「ひたすら英文法」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No85「動名詞と分詞の違い」PART2

鉄人です。前回に引き続き今回も動名詞と分詞の違いについてです。 意味の違いだけでは見分けにくい例も「動名詞」と「分詞」には存在します。意味と形の両面から検討する必要がある例もあるわけです。つい最近、高1生の授業中に、以下の例が出てきました。 (c) Look at that swimming boy. (d) Look a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No84「動名詞と分詞の違い」PART1

鉄人です。今回は動名詞と分詞の違いについてです。 英語には動名詞と分詞という2つの文法概念があり、どちらも~ing形で表されます。 例えば、sleepingは「寝ること」と訳せば、「動名詞」、「寝ている」と訳せば、「分詞」です。つまり、「動名詞」とは「~すること」と訳され、主語になれる~ing形の名詞的用法、「分詞」とは「~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No83<センター試験で8割をとるには>

鉄人です。今回は英語のセンター模試で8割以上をとるには… とはいえ、1年や2年の早い時期からいる塾生は、7割はとっています。ただ、英語を主戦力にするためには少なくともセンター試験で8割以上はとる必要があります。そこで、7割代で伸び悩んでいる受験生達は、「どうしたら8割以上がとれますか?」とよく質問して来ます。センター模試で5割をと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No83<アの発音は5種類ある>PARET2

毎月センターレベルの模試は、実施されています。そして、受けた試験の解説授業を鉄人自らが行っています。この解説授業には、「受験生の参加は必須、高1、2年生も定期テスト対策やその他の予定で『無理』でないものは参加」と言い渡しました。 さて、この解説授業では、センター模試の第1問(発音、アクセント)、第2問(文法、語法)、第3問(要約)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No82英語の「ア」は5種類あるPART1

鉄人です。英語の「ア」は5種類あるです。 高等部では、毎月センター模試を実施しています。センター試験は大学受験の登竜門とも言うべきもので、国公立大学受験には必須ですが、ほとんどの私立大学もセンター試験の成績で合否を決める受験方式を提供しています。志学ゼミ高等部は「大学進学」を目標にしていますので、高校1年の段階からセンター試験の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策講座No81「~倍」や「~だけ」大きいはどうして「比較」を使うの?

鉄人です。「~倍」や「~だけ」大きいはどうして「比較」を使うの? 高校2年生は、春期講習末まで大学受験の基礎固め用の参考書兼問題集である「ひたすら英文法」を2回完成させました。現在は、蓄積して来た英文法の知識を復習しながら応用していくために「英文法問題集」を授業で進めています。 この問題集は私立中堅大学(日東駒専)レベルから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試対策英語No80<どうして、動詞の3人称、単数、現在形には動詞にsがつくの?>

鉄人です。今回はどうして、動詞の3人称、単数、現在形には &amp;#8211;sがつくの?です 春になると辺りが活気づくように思うのは私だけでしょうか?志学ゼミの高等部にも1年生が加わり、授業も活気づいています。 中学では、英語は例文暗記のような形で学習し、「なぜそうなるのか?」は教えてもらえないのが普通です。 ただ、高校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No79[今回は「なぜ倒置は起こるの?②」です。

鉄人です。今回も「なぜ倒置は起こるの?②」です。今回は生徒からの質問に答えてみました。 Yさん:なぜ、③パターンの倒置「否定、強調語句の倒置」では、「疑問文」の語順になるんですか? 私:良い質問だね。そもそも疑問文では、なぜ語順が変わるのかを考えたことがあるかい? Yさん:さあ、英語でそう決まっているからじゃないですか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語No78「なぜ倒置は起こるの?①」

/&amp;gt;鉄人です。今回は「なぜ倒置は起こるの?①」です。 高校英文法の最難関項目の1つに「倒置」があります。「倒置」は読んで字の如く「語順を入れ替えること」ですが、3パターンあり、どのパターンを使うかは、ちょっとした文法分析が必要なため、学生達にとっては苦手意識が高いのが普通です。 しかも、「倒置」は「特殊構文」という難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略講座No77<えっ、studying は動詞じゃないの?>

鉄人です。今回はえっ、studying は動詞じゃないの?です。 高校1年生の初期に学習する文法項目の1つに「品詞」があります。 「動作、状態を表し、『~する』、『~である』のような意味を持つのが動詞」、「主語、目的語、補語になり、『~すること』のような意味を持つのが名詞」、「その名詞を修飾するのが形容詞」、「名詞以外の品詞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語N076<文脈判断の重要性>

置かれた状況や文脈に則した適切な選択を誤る例は、受験生にも見られます。例えば、センター試験直後に、受験生のS君が私に質問して来ました。 S君:センター試験の会話問題で、Aさんが「日本に旅行する」って言うので、その友人のBさんが「それは素晴らしい。楽しんできてくれ」と言ったんです。その返事としてAさんが何を言ったかを選ぶんですが、I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試攻略英語N075<類推と要約のちがい>

要約と類推は違う!というお話です。  1月14、15の両日に渡ってセンター試験が実施され、志学ゼミの受験生達も「いざ、入試へ」と出陣しました。ただ、センター試験は受験生だけのものではありません。  高校1、2年でも「我も」という志ある諸君は、同日に実施されるセンターと同内容の試験を受けに行きました。特に、高校2年生は多くがそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more