テーマ:ちょっといい話

ちょっといい話106<自分との約束>

高校生の数学について約束事を決めてみました。数学の進行は学校によって異なります。全体としては標準クラスは1年生は数Ⅱを進んでいます。基礎クラスは学校に応じて進んでいます。高2生は数学は選択になります。また理系、文系で進行は違っています。 どうも見ていて課題がこなされていないのではという気がしました。担当に聞いても学校のいろいろな科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話105<好きこそものの上手なれ>

好きこそものの上手なれという言葉があります。10月10日には志学ゼミで卒塾生のYくんと春葉先生が個展を行います。お二人とも会社に勤めながらもコツコツと続けています。 学生時代はやったのだけれどなかなか仕事に就くと難しい。とは趣味のこと。それだけ好きでなかったのかもしれないなあとYくんを見ながらふと思ったりもしました。私は今でも続い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話104<3度は聴こう>

日曜、月曜と(社)スクールコーチングスクールの研修が田端ふれあい会館と志学ゼミで行われました。 初級、中級ともう5度目になりますが毎回、新たな発見があります。もちろん発表者も同じ話はしませんから新しく感じるところもありますが、その都度なるほどなあと感じることがあります。 今回は辻本先生が何気なく話されている中にありました。自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話102

昨日は、スクールコーチング協会の初級コーチング講座が志学ゼミで開催させていただきました。新潟からお越しの先生もいらっしゃいました。 初級講座はとにかく話を聴くこと。傾聴がテーマとなります。 ロールプレーイングの一こまから 新潟のH先生がコーチ役、K先生が中3の女の子役です 生徒「話って何?」 先生「今、9月だよ。あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話101<ゆったり感とは>

先週、思い切って徳島の塾を訪問させていただきました。わたしにとって初めての徳島です。うず潮の見学もさせていただきました。 徳島の未来舎、宮崎先生とは岡山の学匠さんの勉強会で御一緒させていただいて以来、親しくさせていただいております。これも縁でしょうね。 と申しますのも話をするにつれてあまりにも似てていることが多いと感じたから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話100<仕事って?>

塾生の皆さんはもう気が付いているかと思いますが、2F,3Fのドアの色が変わりました。川ちゃんこと川越君が直してくれたのです。拍手!!! 実は、OBで保護者様にお頼みする予定にしていました。しかし、よくよく考えてみるとその保護者様は休みがないほど忙しくされていたことを思い出しました。しかし一様と思い電話を差し上げましたがつながりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話99<潜在意識が自分を助ける>

7月4日に(社)スクールコーチング協会専属トレーナーの河合明男先生をお迎えして「受験・宝地図」のセミナーを再度行いました。受験生を含め、将来の自分像を考えてもらういい機会でした。そんななか、名刺で箸が割れるという実験を行いました。 名刺で箸が割れる?そんな馬鹿な。と思っている場合は割れません。 河合先生曰く「鉈(なた)を振り下ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話98<彼コーチングを始めたわけ?>

6月27日に(社)スクールコーチング協会の初級講座を開きました。今回のセミナーのトレーナーは河合先生です。 毎回セミナーでの気付きをノートに書きながら受講していますが毎回、心み残ることが違うのはその時の自分の状況によるのでしょうか? 今回は河合先生の塾での落書きの話から始まりました。机に登らなければ手が届かないところに「河合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話97<塾長の勉強会にて>

日曜日には京都の都麦出版の鳥居社長をお迎えして勉強会が志学ゼミで行われました。全国から勉強熱心な塾長先生たちが集まりました。関西方面や鹿児島からもいらっしゃいました。 塾長の勉強会では毎回、各塾での悩みをそれぞれが意見交換をしながら考えるのですが、いつも悩みを話せる場がない我々塾長同士が忌憚なく話せる場なのです。 まずはそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話96<自分で決めたルール>

「勉強しなさい」と言うほうも言われるほうもいやな気持ちになります。そして言うほうも疲れてもういいやと言う感情に成ってもきます。ではどうすればいいのでしょうか? 「勉強しなさい」という親側からの気持は、そんなことでいいのという気持ちの裏返しです。こうなってほしいと思うのは親の人情ですね。しかしなかなか子供には伝わらないことが多いよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話95<親子のコミュニケーション>

ああしてほしい、こうなってほしいということはなかなかそうはなりません。親は子供にこうなってほしいと思うものですがそうはならないとイライラしてしまうのです。 この時期は中3生が部活、運動会、修学旅行と行事が目白押しです。受験生気分が今一つ感じられないという声が保護者様から上がってきました。 親は子にもっとこうなってほしいと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話94<志学の読書ノート>

本日は志学の読書ノートの紹介です。小中学生は「21世紀の君たちへ」に続いて「洪庵のたいまつ」を読んでいます。いい文章は声に出して聞かせ、読むと味わいが深まります。 小中学生は毎回のように時間を作っては読み聞かせをし、そのページの作者からのメッセージ(問いかけ)とその答えを考えてもらっています。 まずは私が声に出してゆっくりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話93<何気ないこと>

身近な日常の中にふとしたことにこれはいいなと思うことがあります。それを意識しないでやっているところがいいなと思うことがあります。 何気ない行為。それも意識しないでして一るところはほほえましいものがあります。ある子は机の上の消しゴムのかすをそっと片付けたりしているのをみると嬉しいです。 そんなある日、自立クラスのSちゃんが帰る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話92<私の友人がセミナーをしました>

私にも塾長仲間がいます。勉強会で懇意にしていただいています皆様方ですが、(社)スクールコーチング協会にも加盟して頂いています。5月9日にはメンバーの一人が「宝の地図」のセミナーを志学ゼミで開いてくれました。 志学ゼミを会場にして行ったセミナーには塾生のみなさん、保護者様、塾関係の皆さんがが参加されました。私どもの仲間でスクール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話91<掃除はある意味のリフレシュ>

連休中ですがいかがお過ごしですか?出かけるのもよし家で過ごすのもよしと言ったところでしょうか。いずれにしろこの期間でしかできないことがあります。我々の仕事は入試、春期講習、新学年とこのゴールデンウィークまで走り続けていましたのでリフレッシュするいい時期です。これまでの反省と今後の展望を考える時期です。 志学ゼミでは大学受験クラス、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話90<遠回りだっていいさ>

志学ゼミには出身者諸君が学生講師として手伝ってくれています。学校の先生を目指す諸君にはこちらも熱が入ります。そんな一人にH君がいます。彼は社会人を経て再度教職を目指し、大学で学んでいます。 中学から志学に来た彼ともずいぶん長い付き合いに成ります。高校入学とともにいったん塾を離れ、バレー部の活動に明け暮れえちた彼が戻ってきたのは高三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話89<友はいい>

毎年恒例になってまいりました明治大学、政治経済学部、高橋一行教授が来塾されました。お忙しい中、受験生、高校生のためにお話をしていただきました。高校生の質問に1つ1つ答えていただきました。ありがたいことです。 先生、4月に空いている日に受験生に話をしていただけませんか?という私の問いかけにいつもいいですよと答えて頂けます。嬉しい限り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話88<自分の中にある夢を形にしてみよう>

志学ゼミでは5月9日に私の友人で、社団法人スクールコーチング協会の専任トレーナーであり、板橋で長年、塾を経営されている河合先生をお招きして、心の宝地図を作ることが決定いたしました。 河合先生とも塾長の勉強会で知り合いました。それからの縁です。河合先生は我々の仲間うちの中でいち早くコーチングを様々な研修で学ばれ、早くからトレーナーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話87<生きている。ありがとう>

講習のたびにOBが訪ねてくれます。ありがたいことです。今回は大学院を卒業するSくんが訪ねてくれました。みんなどうしてこんなに律義なんだろう。私はそれほどのことを君達にしたとは思えないのに、ありがとう。 Sくんとは小学生の時からの付き合いになります。今回、大学院の修士課程を修了し挨拶に来てくれました。 実はSくん。生まれつき心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話86<今から始まる>

OBがひょっこり顔を出してくれることがあります。嬉しい限りです。先日もSくんが顔を出してくれました。Sくんとも彼が小学生の時からのお付き合いです。今度、大学院を卒業することになりました。今日はその報告と、もうひとつあるのですが・・・ 実はSくん。生まれながら心臓が弱く、何度かバイパスの手術を受けた経験があります。小学生のころは二十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話85<縁は作るものですね>

日、月と(社)スクールコーチング協会のセミナーを志学ゼミで行いました。セミナーの感想もさることながらこうして会うことはやはり縁なんだなあと感じます。 初対面の方もいます。直接知らなくとも知人を介して知った方もいらっしゃいます。こうしてここっで会うことはやはり縁なんだなあと感じます。 そうしてまたその方の紹介でまたお会いできる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話84<目の前の一人のために>

今月は卒塾生のお母さま方とお話しする機会が多いのですが、いいお話も数多くいただきます。今日は私どもの仕事と共通する話をお伝えします。 あるお母様はお仕事をされていますのでご都合がつかず祝賀会に参加できなかったのでわざわざご挨拶に参られました。ご家庭のことも御有りですが、仕事もされていらっしゃいます。 仕事をしているからと言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話83<子供の何げない言葉>

土曜日には中学中高一貫校の入試の報告会を行いました。中高一貫校の説明をさせていただき、最後にはお一人お一人とお話をさせていただきました。あるお母様の会話の中に本人がよくめんどくさいという発言をするということをお聞きしました。 お母様がお子様に何かしなさいなどと言うと「めんどくさい」という言葉が帰って来るということをお聞きしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといいはなし82<入試は人生の通過点>

都立合否判定の後、不合格をいただいたBくん、お母様とお話をしました。私立は合格をいただいています。しかし都立の二次試験を受けたいという話が出ました。気持ちはわかります。 3月1日、都立の発表日。合否判定が下された日でした。2月27日の学年最終授業でも再度、塾生諸君にはお伝えしましたが、自分に一番合っている学校へ進学することになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話81<都立高校合否判定>

本日は長~い一日の一つ都立高校入試の発表の日です。先日は大学入試の発表で待てどくらせど連絡がない諸君早稲田大学の発表には胃が痛い思いがしましたが・・・ 待っているときは長いものです。先日、早稲田大学の合格発表を待っていましたがなかなか連絡が入りませんでした。本人が塾に来て合格報告があったのですが、本人にしては会ったときに言おうと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話80<だれかのために>

受験にはドラマが付きものですが今年も、高校入試でこんなドラマがありました。私立希望のOさん。事前の滑り止めをあえて受けずに挑みました。 模試の経過と過去問の状況ではいけると踏んだK高校でしたが、まさかの敗北。本人の信じられない様子がお母様の電話からも伝わってきました。 面接の受け答えがいけなかったのでしょうか?数学は1問だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話79<平常心>

オリンピックが始まりましたね。雪の祭典と言われ過去のオリンピックのアーカイブスも流れました。とかく話題はメダルのことになりますが出ること力を出し切ることは大変なことだと思います。平常心とよくいいますが、これは入試でも同じですがなかなか難しいものです。 先日、中3のTくんが、「先生、急に不安になってきました。めっちゃ緊張してるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話78<過去を肯定する>

私がよく使う言葉に「一秒前は過去」という話をします。中学入試、高校の推薦試験が終わり、高校入試、大学入試 がたけなわとなっいてきます。 試験には結果が付きものです。うまく言った場合とそうでない場合があります。各自に「自分に一番合っているところへ行くことになっているんだ」という話をしています。 「一秒前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話76<いくつになっても学べます>

志学ゼミには受験生以外にも社会人も学んでいます。Sさんは志学ゼミで日本語、パソコンを学んでいます。(写真は小学生のパソコンでの読書ノートの風景です) Sさんと御主人は長い間、田端で飲食店を営まれていました。その御主人が亡くなられたあtめに店を閉じ、今はお一人で暮らしていらっしゃいます。Sさんは韓国の方です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっといい話75<あの子はできる>

年末の大掃除の日のことでした。高校生のお母様から差し入れをいただきました。ありがとうございました。 お母様はすぐに御帰りになるご様子でしたが、私がお引き止めをいたしました。 年末の大掃除の日でした。あの子が、ここのシュークリームがおいしいからというものですから差し入れを買ってまいりました。とお母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more