テーマ:塾生へ

目安箱

目安箱は以前から3階には設置していたのですが、各部屋にも置くことにしました。ただおいたのではあじけないなあと思いましたのでのほほん人形を置くことにしました。 のほほん人形があるところに目安箱を設置してあります。皆さんの要望を広く聴くためです。 以前からありましたが、最近使われていませんでした。もちろんアンケートをとることもありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春期講習後の授業がスタート!

   皆さんこんにちは!志学ゼミ講師のソワ☆です。  写真は志学ゼミの室長岩崎が拭いた机です。    ピカピカになるまで磨きます。  塾生さんへの感謝の証として。  頭が下がります。  さて…  春期講習の熱気覚めやらぬまま、春の授業が開講いたしました。  いくらか塾生さんの顔にも疲れが残っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春期講習大詰め!

     みなさんこんにちは!  志学ゼミ講師のソワ☆です。  桜が満開に開くこの時期。志学ゼミでは春期講習が六日目となり大詰めを迎えています。  さすがに、塾生さんにも疲れの顔が…  あと、5日間!頑張れ!  さて、ソワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<新中学三年生>

朝、昼、朝から夕方まで部活がある諸君。春の講習はその時間をぬって行います。朝出れない諸君は午後から、午後からの諸君は昼。一日の諸君は夜。小さい塾ならではなのフル回転指導です。 学校と同じ時間に来て、掃除を始めている朝組み。生活時間は崩さないという方針。いいことです。朝は中三が掃除をするのが講習の風景ですからね。いいですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<小学生>

今回は、国語の思考力を高めることを念頭にしたテキストをしょう5,6共通で行いながら進めています。文章を書くことが前提ですから、文の仕組み、絵をみて考えること、文章読解、論理的に考えてもらうところ、語句の学習等に分かれていますがその文章中によくこれは知ってるかなあ?と確認をしながら進めています。 今日は文章中より「そばがき」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<新高一>

高校入試が終わり遊びたい盛りの新高校一年生ですが、全員あたりまえのように春期講習に参加しています。高校入試は通過点とよく話してきましたがたいしたもんです。 志学ゼミでは基礎英文法は夏休みで終了です。英頻、速単等の年間予定もクリアー予定が組まれています。ですから講習はそのスケージュールの一部なのです。 春休みは文型の復習から分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春期講習スタート<新中一の風景>

毎年のことながら新しい企画がスタートします。そうなのです。去年と同じ講習はありません。 新中一は英数の予習。何人が英語教科書を読み終えるのかを楽しみにしています。読んで訳して、目標時間を決めて速読してみる。そして暗記をするとすらすらと出てくる。 「繰り返し、出来るまでやる」実はこんなところにも実践があり、実感があるわけです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は身近な史跡、博物館を巡ります

土曜一時予告していましたが、小学生の何人かが塾に集まってきました。この春より史跡、博物館めぐりを始めました。大きな博物館、美術館にはいったことはあるかと思います。意外に地元にもあるのです。第一回目は「田端文士村」に行ってきました。 今回は4名の塾生が参加してくれました。参加費は文士村は無料ですから今回は無料です。塾から5分もかから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友来る<明治大學教授来塾>

彼が自己紹介した。もう私とは二十年来の付き合いと話した。明治大學政治経済学部教授、高橋一行氏が来塾されました。氏とは年に一度は近況を話し合いながら今を語るのです。 中3、高3の部屋で少し話をして頂きました。彼は荒川九中、上野高校といった地元なのです。 大学の教授だからといって特別な学校に行っていたわけではないのです。 大學…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高の贈り物<合格祝賀会PART2>

祝賀会でのことでした。昨年度は卒塾生がオリジナルのタオルのプレゼントがありました。今年は私が作り、最後の授業で手渡しました。もちろん保護者様の協力があって出来たことですが。今年は・・・ もうそれ以上ののものはないだろうと考えていました。こちらから「たすきわたし・最後の授業」のDVD(岩野制作)を保護者様に手渡しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邂逅<これも縁なんだなあ>

以前、東京大学の学生時代に志学ゼミを手伝ってくれた末次くんが講師として戻ってきました。これも縁なのかなあと思います。 大學を出て諸事情により実家のある関西で就職をしていた彼から何を思ったか志学ゼミで働かせてくださいと電話がありました。普通なら「どうしたの?」ですよね。 しかし彼はまじめでした。実家に帰ってからも気になる研究を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの受験PART2

左之助とは小学校からの付き合いになります。中学時代はバレーボール、小石川高校時代は軽音部をがんばり、高校を卒業した彼はプロの音楽家を目指しました。バンドを組み自主CDを作成し、ラジオ出演も果たしました。今はその話をすると照れていますが。 高校時代はプロの音楽家になることに目覚めたため大学に行くことは眼中になかったといいます。親…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高校入試報告会<ありがとうございました>

都立高校の合格発表がありました。平成19年度の高校入試報告会を行いました。今月は進路相談月ですので新中三生、新高三生の保護者様と二社面談をさせていただきます。 塾生のみなさんとは担当講師とのコーチングを行います。 今年のドラマを話しながら高校の入試方針。学校の選び方の基本方針をお伝えしました。進学資料、学校の選び方、小冊子「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの受験

昨日、一人の教え子の発表がありました。大学の編入試験でした。左ノ助、明治合格おめでとう。新高三からもささやかな拍手がありました。ありがとう。 当塾をはじめ様々なところでバイトをしながら、現在の学費と編入後の学費をためての受験でしたね。もちろんそのための予備校へ行く暇もお金もありませんでした。授業終了後の私の人生論。そして論文の書き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

英雄列伝<年間皆勤賞>

当塾では様々な英雄がいます。その都度、志学ニュースで掲載し拍手をして表彰します。そして塾内に賞状を掲示しています。成績が飛躍的にアップしたといった成績に関するものから、自ら掃除に積極的に参加したといった日常生活のものまで様々です。 今回は「年間皆勤賞」でした。これはすごいことです。なにしろ一日も休まずに通塾したということですからた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先輩も悩んでいる<OB来塾>

久々にOB三人が来塾。みー。さっちゃん。つね久しぶり。もう就職活動なんだね。エントリーシートを持ってきました。この前大學に入ったと思ったらもう最終学年を迎える。小学校より中学、中学より高校、高校より大學と月日がたつのは早いと感じている三人でした。 「光陰矢のごとし」「少年老いやすく学なりがたし」ですね。 講師諸君にもよく話す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいスタッフ<これも縁>

新しいスタッフが加わりました。学習院大学法学部博士課程修了の福井先生です。予備校、塾を経験し現在、大學でも講師として教えています。大学の後輩でもあり以前も手伝ってくれました。また縁合って時間をつくって手伝ってくれることになりました。 「縁」という言葉があります。不思議なものです。ひょんなことから連絡を取ることがあり、彼が法律の本を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩崎の部屋

  三月を向かえ志学ゼミでは早々と新しい学年へと移り変わっております。  季節も志学ゼミに合わせたかのように、もうすでに春の気配が感じられます。三月中には桜が咲ききってしまうのではないかという心配がありますね。卒業式に桜咲く。なんか不思議な感じですね。 受験は大学受験のまだ国立組が残っています。そしてみんなもまだ終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて…

   みなさんこんにちは!志学ゼミ講師のソワ☆です。  いよいよ、新・高三の授業が始まりました。  塾生さんの顔にも多少緊張の面持ちが見られました。  これからは今までの勉強とは一線を隔すことになる。  そんな話をさせていただきました。  そんな中で、本日こんな質問を頂きました。  「やりたいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中3、高3の最後の授業

当塾の恒例の行事の一つです。卒塾生に書いてもらうことがあります。私の十年後、志学で学んだこと。そうして会が始まりました。 まずは中3に高校での英語、数学の中学での違いについて、水谷先生、岩野先生からの説明。それから各講師の私の高校時代、そして自身の十年後を語ってもらいました。 左ノ介は小石川時代の話。そして24になってからの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、学年末試験に向けて後輩もファイト

日々受験のニュースが飛び交う中、受験と共に学年末試験も近づいています。テスト2週間前の土曜日は中学生があたり前のようにテスト対策に来ています。これも伝統ですね。小6生は英語の予習、中1の数学に入りました。 先日来中学生にはよく話していますが、公立中学では予定が大幅に遅れているため、2学期後半から3学期にかけてペースアップ(進行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験は感動だ!

やった。キングことTくん。明治大学合格おめでとう。みんなが君のために喜んだ。それは単に儀礼だけのことではない。 君は周りの後輩諸君のために人一倍気を遣い、そして考えた。自分のこともあるのにもかかわらず。そうして君の合格を電話の向こうからの拍手それは中三生からでした。 君からの電話だとわかるとみんなしーんとなりました。そして待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「謙虚に学ぶ<受験は人生の通過点>                        志学ゼミ田端...

「謙虚に学ぶ<受験は人生の通過点>                        志学ゼミ田端進学教室」について ぶちヤマトさんコメントありがとうございます。 「生きた授業」そうですね。私もそれをモットーとしております。 塾長
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マニアひげのの編集デスク

パソコンマニアといえばひげの先生こと岩野先生。ついに編集デスクを作ってしまいました。先日の吉田先生の勉強会で先生の編集室を拝見させていただいた時、目に星が?「きらり」といった感じでしょうか。 それから固定用の三脚、手元を照らすライト。それを机に固定してご満悦の表情です。ひげの先生はパソコンの部品を探して自分でパソコンを作るのが趣味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾生日記<継続は力なり>

塾生一行日記にオリジナル判子を押させて頂きながら、講師のノートと塾生ノートの温度差が日々の反省となりました。みなさんご協力ありがとうございます。 判子には日付入りで「ありがとう」という文字が入っています。毎回、私も全てのノートに目を通して行きます。具体的に記されているところはアンダーラインが引かれています。 具体的に何ができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾生日記<意義と意味>

塾生一行日記は早速、全学年へ手渡され記入して頂きました。できないことを考えるより、できたことをまず自分で認められるもの(自己承認)を考え、更なる自分へ。自立への第二ステージです。 まず大切なこと。具体的に書くことです。もちろん各講師は全員見させて頂きますし。私も見ます。 英語が分かった。数学が分かった。ではいけません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾生の一行日記<互いに学び合おう>

塾生の一行日記がスタートしました。その日、できるようになったこと、気が付いたことをノートに書きとめて提出してもらいます。そして我われもみんなから気付かさせていただければ幸いです。 「え、また新しいこと?」と高校生から声が上がったようですね。今日来たからには自分で分かる、できるようになったことを持って帰りたい。持って帰ってもらいたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志学フォトギャラリー

各教室に夏に撮影した写真を展示してみました。各自気に入った写真に投票してみてください。写真の横の余白に正の字で書き込んでください。だたし、1枚に付き1回です。9月25日までの展示となります。その後は差し上げます。 アンガールズとの写真を焼き増しして欲しいという要望がありましたがなかなかできていませんでした。申し訳ありませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キング、英雄列伝に

赤英頻間違え一桁。これは大学入試クラスにおいての目標の一つでした。1冊の本を間違え一桁は相当大変です。なにしろ1冊ですから。公約どおり先陣を切ってキングことT君はやり抜きました。英雄列伝です。2抜けはお奉行さま(ニックネーム)が続きました。 6月に間違えを3桁から2桁にしよう。7月は50以内にしよう。そして8月は1桁にしよう。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書ノート<十八歳の起業>に入る<受験は人生の通過点>             志学ゼミ田端進学教室

さあ、二学期。この三ヶ月の目標を確認してセカンドステージがはじまりました。将来の目標、やりたいことから今の勉強に共通することを面接で再確認してスタートです。 毎年、毎月、何かが新しい。 読書ノートも「十八歳の起業」に入りました。障害をお持ちになりながら十五歳で起業された家本さんの文章を読んでいきます。 ちょっとした「で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more