テーマ:岩野

数列 北区荒川区の学習塾 志学ゼミ

数列とは規則的に並んだ数字に注目する分野です。 「等比数列の和の公式が分かりません」 等比数列は数が倍々になっていく数字の列で、和ということはその全てを足したものを表しています。 等比数列の和の公式は教科書に分かりにくい説明が長々と書いてあり、その後に公式がのっています。 数列というぐらいですから数字がたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れられない問題 北区田端の学習塾 志学ゼミ

こんにちは、理数担当の岩野です。 フィボナッチ数列に続いてフラクタル図形のことを少し書きました。 フラクタル図形とは簡単な規則の繰り返しで作られた図形で、その図形の一部分を取り出して拡大すると全体と同じような形になるという性質があり、その性質のことを自己相似性と言います。 相似とは中学3年生の数学の図形の範囲で出てくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然物と数学北区 田端の学習塾 志学ゼミ

こんにちは、理数担当の岩野です。 高校生2年生が数列を勉強しているということもあり、自然界にひそむ数列として以前にフィボナッチ数列の話題を思い出しました。 (注:フィボナッチ数列とは 0、1、1、2、3、5、8、13、21、・・・ このように、ある数とその前の数を合わせると次の数になるという数字の並びです。) そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数列 北区 田端の学習塾 志学ゼミ

こんにちは、理数担当の岩野です。 数列とは規則的に並んだ数字のことで、問題によっては小学生の問題集にも同じようなものが出題されていたりします。 下は高校生の実際の授業で出した問題です。 ① 2,4,6,8,10,□,… ② 2,3,5,7,11,□,… ③ 1/2,1/4,1/8,1/16,□… □に当てはま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DO it now 北区 田端の学習塾 志学ゼミ

先日、自分が塾長からいただいた言葉は、 「Do it now」 でした。すなはち、 「今、出来ることをやろう」 ということです。 自分で、今やろうと決めたことを実際の行動に移すということは、簡単なように思えて、難しくもあります。 自分がこれから物事をやろうと思う心と、それを実際に行う身体が必要にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数学を解くコツ(ある日の中学3年生の問題)

こんにちは岩野です。 先日、中学生の授業でこんな問題を解きました。 △ABC≡△DEC、AB=AC、AB=8cm、BC=4cmのときDFの長さを求めよ。 少し難しめの問題ではありますが、解くにはもちろんコツがあります。 そのコツは、 ①問題文をよく読み仮定(使っていいこと)と結論(求めたいこと)を確認する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月5日中学入試報告会

3月5日中学入試報告会 公立中高一貫校はずばり「問題解決能力」「まとめるちからとしての国語力」「類推力」があるかどうか、そして「それをまとめて相手に伝えることができるかどうか」という話を(向井)の方からさせていただきました。 私立は問題を多く時、テクニックを学べば勉強量に比例して合格が見えてきます。 公立中高一貫校では与えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月集中授業にやること(小学5・6年、高校数学)

こんにちは、岩野です。 夏の後半戦、8月集中授業が始まりました。 夏の暑さにも負けぬように元気よく授業をしています。 この期間にやることとして小学5・6年生と高校数学の内容を書いていきます。 小学5年生 算数 小5の教科書の基礎を一周すること 国語 論理エンジン4冊、漢検1級アップすること 小学6年生 算数 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学部の理科ツアー「科学技術館」

こんにちは、岩野です。 8月9日に小学部の理科ツアーで九段下にある科学技術館に行ってきました。 今回の参加人数が14人と多かったので、理系の飯倉先生にも来て頂きました。 理科ツアーで科学技術館に来るのは三度目ですが、来るたびに少しずつ展示物が変わっています。 今回まわった中で自分が面白いなと思ったのは、建築物のコーナーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から補習日

こんにちは、岩野です。 受験生以外の学年は昨日までが授業日で、今日から補習日に切り替わりました。 補習日は、小学生では学校行事等で抜けてしまった分を、高校生では学校行事や部活、オープンキャンパス等で抜けてしまった分を補うために設けた期間です。 夏期講習では、この期間に進む授業の予定や、やることの目標があり、それを完了するために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます!

講習期間は小学部と高校部の理数を担当している岩野です。 今日から冬期講習の後半戦が始まりました。 朝、私は小学生の授業から始まります。 5年生は久しぶりに周りと顔を合わせるので話したいことが多いのか、イマイチ集中が途切れがちでした。 早速、新年の「お年玉」として計算プリントが配られました。 「今日はこの計算プリントが終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩野講師の小学生理科の授業風景より

小6の授業風景「レンズが厚ければ速く焦げる?」 虫眼鏡でレンズの厚さで紙が焦げるのが速いかどうか?こういった話題は子供は喜びます。それはレンズで紙を燃やした経験があるからです。 岩野「レンズの厚いほうが焦げる速さが速いのかな?」 生徒「レンズの厚いほうが速く焦げるのかなあ?」 岩野「どうして?」 生徒「だって虫眼鏡…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年の抱負2012~岩野編~

本年もよろしくお願い致します。 今年の抱負はすぐに返事を返すことです。 3日に岩崎先生と歌川国芳展に行ってきました。 歌川国芳は江戸末期の浮世絵師です。 有名な浮世絵師でみなさんも一度はどこかで見たことがあるくらいの方です。 展示されている作品の所々で音声ガイドがあり、当時の人々の考えていたことや様子が説明されていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミネラルウォーター

こんにちは岩野です。 暑くなってきましたね。 先日行った小学生の模試を行ったのですが、その模試の中にミネラルウォーターについての問題がありました。 日本のミネラルウォーターの国内生産量や輸入量がどう変わっていったか、なぜ飲むのかが資料として出ていました。 資料を見ると1990年から国内生産量が少しずつ上がっていきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この間のこと

こんにちは岩野です。 東北地方太平洋沖地震から三か月弱が経ちました。 昨夜も揺れましたが、未だに地震で揺れると震源地がどこなのか気になってしまいます。 福島原発の問題も進行中で汚染問題は深刻です。 先日、ヨーロッパ出身の方と話す機会があり、色々と話しをしました。 こんなに大きな地震があって国に戻りたくなったりしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先週の話なのですが

こんにちは、岩野です。 先日の岩崎先生のブログにも書いてありましたが、五日に長野の上田へ行ってまいりました。 上田は戦国時代の武将の真田信繁(幸村)の出身地で、ずっと行ってみたいと思っていた地でした。 町の至る所に真田氏の家紋「六文銭」が見られて、町並みにも歴史を感じられる面白いところです。 そんな上田市をうろうろしていてか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグニチュード

こんにちは、岩野です。 東北地方太平洋沖地震から一カ月以上経ちますが、未だに余震が続いていますね。 先日も授業中に地震があり、地震の苦手な生徒がハラハラしていました。 よく地震速報に震度とマグニチュードが出てきますが、震度は各地点の揺れの大きさを、マグニチュードは地震の規模の大きさを表しています。 マグニチュードが1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経路問題

こんにちは、岩野です。 先日、高校3年生の数学の時間にこんな問題がありました。 問題:下の図でAからBまで線に沿って最短経路で移動する道のりは何通りあるか? 宿題で出ていた問題です。 生徒はちゃんと答えも出ていて、合っていました。 しかしこの問題、解き方が大きく分けて二つあります。 ある生徒は、「→の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんにちは、志学ゼミの岩野です。 昨日はあいにくの雪でしたが、中学生が集まってきて試験勉強をしていました。 中3生は高校入試の理科を、中1・2生は学校の定期試験の勉強を行いました。 中3生は1時から都立入試対策の理科の問題を解いていただきました。 解いては確認、解いては確認のくり返しです。 内容は全範囲だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い時期

こんにちは、岩野です。 寒い日が続きますね。 先日の20日は暦の上では大寒という日でした。 大いに寒い。 つまり今は一年の中で特に寒い時期だということです。 太陽の出ている時間は少しずつ長くはなっていますが、もうしばらく寒い日は続きます。 ところで、太陽の出ている時間が一番短いのは冬至の日です。 でも一番寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の抱負(岩野)

新年初書き込みの岩野です。 昨年はありがとうございました。 今年もよろしくお願いします。 今年の抱負は ・本を読むこと ・健康に過ごすこと ・自分を変えること ・人の話をよく聞くこと ・よく勉強すること ・よく遊ぶこと ・いろんなことにチャレンジすること   ・   ・   ・ と、沢山ありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インクボトル

こんにちは、岩野です。 講習は本日で四日目が終了しました。 生徒達も朝からよくがんばっています。 昨日、小学生の授業中に面白い質問があったので、みんなで考えてみました。 それは、ホワイトボードのインクを入れ変えている時でした。 生徒から、「先生、やらせてもらえませんか?なんだか気持がいいような気がするのです。」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志学の講習スタート<小5の講習、少数祭り>

12月25日より志学ゼミの冬期講習がスタートしています。受験生は朝早くから夕方まで。いや大学入試諸君は自習室を使って夜まで頑張っています。 小5の講習ではこれまでの算数の復習を行っています。本日は小数の復習。ちょっとやっていないと小数の書け割、余りも不安定になっていました。やはり小数計算を継続する必要を感じました。 その日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酸化と呼吸

こんにちは、岩野です。 先日、中学生の理科で酸化・還元の問題を解いていました。 酸化・還元と言えば化学分野ですね。 この日は発展的な問題をやっていたのですが、その中にこんな部分がありました。 石油の燃焼と同じような変化によって、化学エネルギーから熱エネルギーがとりだされるものはどれか。 A~Eから選び、記号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の感じ

こんにちは、岩野です。 寒い日が続きますね。 そういえば今年の漢字が発表されました。 今年を象徴する漢字は「暑」だそうです。 確かに夏は暑い日が多かったようです。 しかし私は今年が特別に暑かったとは感じませんでした。 なぜなら志学ゼミにはとても熱い先生がいるからです! そう、着ているハッピも燃えるように赤い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イオン

こんにちは、岩野です。 先日、中学生の理科でイオンについて勉強しました。 イオンは一時期、ゆとり教育で中学生では教えなくなった分野でした。 最近、また復活して教えるようになりました。 元々分かりにくい分野で、皆さんも苦戦した思い出があるのではないでしょうか? そもそも、イオンとはなんなのでしょう? イオンの前に、まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理科マラソン後

こんにちは、岩野です。 おとといは阿部先生がブログにも書いたように、中3生は理科マラソンを行いました。 朝から晩まで、時間で区切られる張りつめた空気の中、よく集中して解いてくれました。 明けて昨日は中3生の授業があり、そこで理科マラソンのプリントをやり直すことと、次回の土曜日にどうしてもなおせないところの解説を行うというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風

こんにちは岩野です。 この時期に台風なんて珍しいですね。 雨が降っています。 台風はもともと日本になかった言葉で、外来語の「タイフーン」に当て字をしたものになります。 台風という認識ではなく嵐という認識があったのでしょう。 台風に詳しい国からタイフーンという知識が入ったことによって嵐から台風へと細かく認識されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

密度

こんにちは、岩野です。 先日、中学生の理科の時間に密度の問題を勉強していました。 密度の単位はg/㎤で、単位を見ると求め方が分かるようになっています。    g/㎤ = g÷㎤ これで密度がわかります。 しかし、密度の求め方が分かっても、密度そのものが何なのかいまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境問題

こんにちは岩野です。 先日、中学生の理科で環境問題の範囲を勉強しているときに光化学スモッグのことが出ていました。 生徒「光化学スモッグって聞いたことがる。注意報がながれてた」 先生「注意報が出たら外出しないほうがいいよ」 生徒「夏とかそのまま外で部活やってました」 先生「喘息になりやすくなっちゃうよ」 生徒「えぇ~!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more