テーマ:夏期講習

講師のグット&ニュー

こんにちは!!岩崎です。 皆さん夏期講習、8月の集中授業とお疲れ様でした。 授業は29日までで最後の締めくくりに小・中学生はテスト、高校生はテスト&英頻通しが行われましたね。終了後みんなこの期間を振り返り、各自それぞれが思うことがありましたね。次の行動にどう移していくかですね。 我々講師もすべての業務終了後に学生講師含め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習<やりぬくまで・主役は君たちだ>

夏期講習は終了しましたが、予定が終わっていない諸君、休んだ諸君の補習は継続されています。中3は英熟語300.ひたすら暗記100.ノルマの数学113は終わらないと講習は終わりません。「やりぬく夏」が続くのです。大学入試クラスは理社の補講が続いています。 目の前に終了したものを置いてみる。そうして講習できたこと、8月の集中授業での目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習の風景<一人一人の面接>

夏期講習の恒例行事として受験生の面接があります。担当講師と面接した後、担当甲学生を伴って私のところへ一人ずつ来てくれます。大学入試クラスは末次講師、荻野講師と面接した後塾長の私と話しました。中3は岩崎室長と話した後、私との面接となります。 何日かに及ぶ面接ですが毎年ひとりずつ話します。関東退会、部活、家庭の事情で面接できなかった諸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習中の風景(末次)

夏期講習中の風景  高校2年生、受験生文・理系数学クラスでは全体で進める数Ⅰ・Aのジャイロ(センターレベル)と、個々にノルマの数学を解いていきました。ノルマの数学は教科書練習問題となっていますが、知らないと出来ない問題も多く、なかなか歯ごたえがあるようでした。  受験生の理系クラスでは数Bの数列・ベクトルが苦手な人が多かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近な博物館めぐり<大江戸博物館>

8月5日には「大江戸博物館」に行ってまいりました。飯倉講師、横井講師も引率してくれました。小学生まで無料であることは何より嬉しい話です。j会場ではボランチアガイドの皆さんに 付いていただいて江戸ブース、明治から昭和オリンピックのブースを見学してまいりました。 今回は江戸文化もさることながら「もったいない」がテーマでした。 まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お笑い英文解釈~講習最終章~

8月4日(土)絶好の英文解釈勝ち抜け日 以前からこの日は何分かかっても自分で解いて勝ち抜けていこうと計画を立てていたのでした。 英文は高校生レベルの、そして問題は一問限り!!ある会話文の言っている内容を日本語で説明せよ。 問題が裏返しの状態でみんなに配られます。塾長から「よーい、スタート!!」の声で一斉に始まりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習の風景、くりかえし出来るまでやる。それが志学魂>

そうなのです。講習に限らずとにかく出来るまで繰り返す。例年のことですが予定が終わらないと講習は終わりません。決めたことをやる。それはシンプルですが自分への挑戦なのです。 小学生の国語の問題。要約を考えてきました。読解問題、論理エンジンはあくまで自力解です。何度も何度も考えて出す。講習ならではですね。 中学生は国語の読解、論理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習

 月曜日の室長のブログにもあったように、今、中2生はノルマの数学に燃えています。 自分も志学っ子なのでノルマの数学をやりました。実はこの私も数学好きです。特に図形が。 室長が「じゃあ、次12番。はじめ。」すると「はい、できました。」「はい」「はい」と次々に問題を解き、そして楽しそうな塾生たちがいます。 岩野先生は中3生のプラス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏期講習の風景<ノルマの数学>

夏といえば志学ゼミ恒例のノルマの数学があります。小学生から大学入試クラスまで全ての学年で行われています。小学生は毎日2問。中学生は3問から10問程度。高校生は毎回解いた数が白板に書かれていきます。500問といた諸君が出て参りました。 各学年のノルマの数学は全て過去の入試問題を抜粋したり改訂したりして作っています。各学年とも毎年改訂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<小学生の素朴な疑問>

小学生の素朴な疑問ほどいいものはありません。急に思いついたように話し出すこともありますが、なんでだろうとおもうことは非常に大切なことです。先日も小野妹子は男なのになぜ子が付くの?などといい質問が出ました。 いいですね。そういった素朴な疑問。勿論私達にもわからないことは山ほどあります。わからいことは調べる、考えるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業風景 中2

 「夏はノルマの数学を解く!!」  といった声が講習ではみんなから聞けました。  ノルマの数学とは発展的な問題集から問題を集めて作られているものです。中二のノルマの数学は全部で104問あります。全て解いてやるぞ!!と皆、気合いが入っております。  ノルマの数学は私が受け持つ時間の中の一番最後の時間帯に行います。ですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<高校生の英頻祭り>

志学ゼミでは恒例になっている英頻祭り。夏の第一弾が行なわれました。講習の間に二度行ないます。緑の諸君は青に、青の諸君は赤に。それぞれこれまで行なったところを通しで行ないます。そしてミス一ケタになったら合格なのです。先輩も通ってきた英頻祭りです。 覚えていない諸君はオリジナルDVDを反復してからのチャレンジ。毎年何かが新しい志学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講習の風景<中3お笑い英文解釈道場>

夏期講習恒例の中3英文解釈。7月中は全訳が宿題です。自分の日本語訳の文章がいかにおかしいかを気付いて頂きます。さあ、誰が今年は先人を切るのか。さあ、やる人? ムサシが果敢に挑んでくれました。ムサシではなくピーチですね。自分で書いた全訳にもかかわらず繋がっていないどころか何を書いているのかさえおぼつかない。 ミルクを売りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学入試古文特別講義スタート<人はなぜ歌を詠むのか>

現代文の要約シリーズは毎日行なわれています。そんな中、毎日大学入試クラスではセンターレベルの現代文、古典、漢文も行なわれています。また毎日古典の題材を荻野先生がピックアップして授業が行われています。そんな中、そんp題材についての話をしてほしいという要請がありましたのでお話をさせていただいております。 「人はなぜ歌を詠むのか」につい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

講習の風景<国語要約>

今回は国語の読解に力を入れることが一つのテーマです。身近な物語のキーワードを探し一文に抜き出します。それからそれぞれのレベルの問題のキーワード要約そして問題へうつります。これは先日の塾長の勉強会からぜひともやってみたいこととなって私の中に残っておりました。 もちろんやるからには身近な物語から大学入試問題まで問題を練ってやってみるつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more